国内

深谷隆司氏から岸田首相へ「ウクライナの惨状は『明日は我が身』、核共有の議論を」

深谷隆司・元郵政相(右)が岸田首相に喝(時事通信フォト)

深谷隆司・元郵政相(右)が岸田首相に喝(時事通信フォト)

 ロシアによるウクライナ侵攻をめぐっても岸田政権の足取りは鈍く、課題は山積している。政界の先達である深谷隆司・元郵政相が喝を入れる。

 * * *
 岸田総理は私も良く知っている穏やかな紳士だ。支持率も悪くない。しかし、隣国のロシア、中国、北朝鮮の動きを見ると、穏やかさやきれいごとでは済まない状況にある。

 ウクライナの惨状を見て、「明日は我が身」という自覚こそ、今、岸田総理に求められることだと私は強く思っている。

 安倍晋三・元総理が国内で米国の核を共有する「核シェア」を議論する時期に来ていると問題提起したが、それに対して岸田総理はあっさりと、「非核3原則があるから議論も考えていない」と国会で答弁した。「作らず・持たず・持ち込ませず」だけでなく、「議論せず」「考えず」なら“非核5原則“になってしまう。そんな姿勢でいいのだろうか。

 そんな岸田総理と私には不思議な縁がある。

 私の父は若い頃、青雲の志から満州に渡り、そこで幾久屋百貨店に主任として勤めた。だから私の姉の名前は幾久子という。この幾久屋百貨店の創業者が総理の祖父の岸田正記さんだったのだ。当時のことは父からよく聞かされ、また私が国会議員になってから、同僚議員だった総理の父の岸田文武さんにそんなお話をしたことがある。

 そういう縁もあって、私が引退後、公募で選ばれた後継候補の辻清人君が当選し、どの派閥に入るかを決める時、岸田さんの宏池会を考えた。岸田さんなら誠実な人で、いずれ天下を取ると思っていたから、辻君を育ててくれるだろうと。その話がどこからか耳に入り、2016年11月9日に当時外務大臣だった岸田さんが私のところを訪ねてくることになった。

 ところがその日は、ちょうどトランプが大統領に当選した日だった。外務大臣として忙しくしているのを見て、「これではスケジュール変更だな」と思ったが、岸田さんは予定通りの時間に訪ねてきてくれた。それを見て「とても律儀な人だ」と思った。

 律儀で誠実なところは評価すべきだが、今回の核共有について議論もしないという部分はいただけない。

 もちろん、岸田総理は核共有について全く考えていないわけはないでしょう。自分の意見を持っていると思う。だが、国民からはそう見えない。それでは示しがつかなくなる。難しい問題であっても、政治家なんだから、ましてや総理大臣なのだから思考停止ではいけない。岸田総理自身が率先して、何事も議論を尽くす姿勢を示すことを期待する。

【プロフィール】
深谷隆司(ふかや・たかし)/1935年生まれ。郵政大臣、自治大臣、国家公安委員長、通商産業大臣、自民党総務会長などを歴任。自民党東京都連最高顧問。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト