芸能

「パンケーキ食べたい」の人気芸人がテレビ朝日に入社していた!天敵はトム・ブラウンみちお

「パンケーキ食べたい!」でブレイクした夢屋まさる(Instagramより)

「パンケーキ食べたい」でブレイクした夢屋まさる(Instagramより)

 こんな芸人のセカンドキャリアは、前代未聞と言えるだろう。「パンケーキ食べたい♡ パンケーキ食べたい♡」──ジェンダーレス男子のキャラクターで、きゃりーぱみゅぱみゅのヒット曲『原宿いやほい』に乗せて、このフレーズでネタを披露していたお笑い芸人の夢屋まさる(24才)。突然、3月いっぱいでの芸能界引退を発表したのは、今年1月で「社会人として新しい道を歩む」とだけ言い残していたが、その就職先が分かった。

 この4月からテレビ朝日に入社していた。しかも、本人もテレビ朝日も全く隠していない。同局の公式サイトの「新卒採用サイト」のページには、ほかの同期らとともに、「鈴木優」と本名と写真付きで、プロフィルを堂々と公開。そして次のように語っている。

《学生時代は、約7年間プロの芸人として活動していました! ご存じの方がいらっしゃると嬉しいのですが「パンケーキ食べたい~」というネタをよくやっていた人です(笑)》

《内定者研修の次の日に、テレ朝での収録の仕事があり、とても不思議な気持ちになったことがありました!》

 過去、芸能人がアナウンサー職としてテレビ局に採用されるケースはあったが、彼の場合は内定部門は、コンテンツ制作・ビジネス部門と明記した、れっきとした局の未来を託された新入社員である。

 夢屋が、知名度を上げたきっかけは、無名の若手芸人がブレークを狙って出演する、日本テレビ系の元日の名物番組『ぐるナイおもしろ荘 若手にチャンスを頂戴! 今年も誰か売れてSP』(2019年)だった。この年の優勝者は、お笑いコンビ「ぺこぱ」だったが、夢屋もインパクトを残して、そのまま売れっ子への階段を駆け上がっていった。

 ただ、あるお笑いライターは「アホっぽい芸風はあくまでキャラクター。学歴は、国立のお茶の水女子大付属小学校から、慶應中・高・大と進学した慶應ボーイ。中身は、超インテリですよ」と話す。慶應高校時代の2016年に、男女お笑いコンビで『笑顔甲子園』という“高校生笑い日本一決定戦”に出場したところを、カンニング竹山や小島よしおら所属のサンミュージックにスカウトされて、学生芸人として活動が始まった。そして今年3月に慶大経済学部を卒業。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン