芸能

氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動

氷川きよしの買い物を目撃

氷川きよしがスーパーで神対応

「あのぉ、もしかして氷川さんですか?」。恐る恐る尋ねる女性客に、マスクを外して笑顔でお辞儀。神対応に、その客は思わず感激で声を上ずらせた。マスクをしていても、ばっちりメイクの目元からオーラがあふれ出てしまい、隠しようがなかったのは氷川きよし(44才)だ。

 6月中旬、都内の庶民派スーパーに立ち寄った彼は、あっという間に客に見つかってしまった。

「イケメン男性と一緒にスーパーに入ってきた瞬間から、圧倒的なオーラを感じました。入ってすぐにきのこコーナーがあるのですが、エリンギやしめじなどを前に吟味されていました。ただ、時間がかかったのはそこぐらいで、ねぎやキャベツといった野菜類、ウイスキーやワイン、それにお花までを流れるように買い物かごに入れていました。まったく無駄のない動きに感動しました」(前出・女性客)

 まるでカリスマ主婦のように手際よく買い物を済ませたという。

 そんな氷川はいま、激動の一年を過ごしている。1月には年内での歌手活動の休止を発表。22年間走り続けての勤続疲労を、一度リフレッシュすると説明した。実際に体調は不安定のようで、3月にはコンサート3公演を中止して、出血した声帯ポリープの摘出手術を受けた。

 わずか1か月半後の4月22日には、コンサートに復帰。この6月からは、東京・明治座で『氷川きよし・特別公演』で、華やかな芝居と歌声を披露している。

「その明治座では、キーナ(※氷川の愛称)の料理の腕を生かした劇場限定のプロデュースカフェとお弁当もあって、何回でも来たいほどに充実しています。カレーやサンドイッチが1800円、お弁当が2700円という値段で、インターネットでは“お高いわ”という声も出ていました。実際に食べてみると、こだわりが詰まっていて、お値段以上でした」(観劇したファン)

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン