国内

西村康稔・前コロナ相の玉ねぎ贈答問題「公金で買っているに等しい」との指摘も

公金で何をやっているのか…(時事通信フォト)

公金で何をやっているのか…(時事通信フォト)

 国会終盤、議員会館の多くの事務所に全国的に有名なブランドとして知られる淡路島産の玉ねぎが段ボール一箱ずつ“お中元”として配られた。気前のいい送り主は、淡路島を選挙区(兵庫9区)に抱える西村康稔・前コロナ担当相。現在は自民党選対委員長代行として参院選の指揮をとる立場だ。自民党で「将来の総裁候補」として売り出し中の政治家である。

 西村氏からの淡路玉ねぎは国会の名物とも言われるが、今年は自民党だけではなく、野党である日本維新の会の議員にも配られた。西村氏は政界きっての「贈り物マニア」として知られる。コロナの感染拡大が始まった2020年の土産代は54件・総額約450万円、コロナ前の2019年は約825万円、2018年は約895万円と政治活動費の2割近くを占める。

「国会議員が政治資金で贈答品や土産を配ることが果たして政治活動といえるのか」

 公選法や政治資金問題に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授(憲法学)も、そう問題提起する。

「西村代議士の政治資金収支報告書では、政治活動費の2割近くが土産代となっている。土産の購入先に選挙区内の業者が多く、年間300万円を使っている。これは違法とはいえないが、選挙区内にお金を出し、回り回って選挙に有利と考えている可能性はあります。玉ねぎの件にしても、地元産品をPRする政治活動だというのであれば、自身のHPで宣伝すればいいのではないか」

 そのうえで、資金の出所についてもこう話す。

「西村氏は、国からの政党交付金は政党支部に入れて事務所費など日常経費を賄い、土産代は資金管理団体から支出することで形式的に会計を分けています。

 だが、お金に色はついていない。政党助成金を必要経費にあてることで資金に余裕ができて土産を配ったと見れば、事実上、公金で土産を買っているに等しいといえる」(上脇氏)

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン