国内

ガーシーこと東谷義和氏、参院選当選もドバイから帰国せず「国会行かない」は通用するか

当選が決まりドバイからの中継で喜ぶガーシー氏(写真/共同通信社)

当選が決まり喜ぶガーシー氏(写真/共同通信社)

 異例のスタイルは国会でも続けられるのか。NHK党から比例区で出馬し、選挙中に一度も日本に帰ることのなかった暴露系ユーチューバーのガーシーこと東谷義和氏(50)が初当選した。

 滞在するドバイからオンラインで「国会で寝てるおっさん起こしますから。関西弁でバリバリ言いますから」と宣言したガーシー氏だが、帰国して国会に出るのかを聞かれると、「もちろん帰りたい。ちゃんと行きたいけど、ここ最近の一連の事件も含めて帰るのは正直怖い。少し様子を見てかなと」と歯切れが悪い。政治部記者が語る。

「違法賭博によって背負った借金と、一部で報じられた詐欺騒動の弁済があるというガーシー氏は出馬理由について『お金』と『不逮捕特権』と語っていました。そのガーシー氏が当選したため、今度は臨時国会でガーシー氏が本当に初登院するのかが注目されています」

 このままガーシー氏が帰国せず、国会に出席しなくても国会議員でいられるものなのか。

 初登院する議員は、当選証書の受け取り、議員会館や歳費の振り込み先などの手続きがある。参議院事務局は、「制度の中では、諸手続きは本人でなくてもできます。代理人が来れば手続きすることができます」(広報課)という。

 そのまま国会に登院しない場合については、こう答える。

「国会法では議員が正当な理由なく7日以内に召集に応じず、議長からの『招状』を受け取ってもさらに7日以内に登院しなかった場合は、議長が懲罰委員会に審査を命じます。それに基づき懲罰委員会が審査します。なお、議員がドバイにいる場合、議長からの招状が届くまでに日数がかかるため、『7日以内』とはなりません。もともと制度が現在のような状況を想定していません」(同前)

 国会に出ないからといって議員を辞めさせられることは現実的ではないようだ。

「辞職勧告決議がありますが、強制力がないので本人が対応しなければそのままです。また、日本国憲法により『除名』の規定もありますが、現実には事例はほぼありません」(同前)

 規格外の新人議員は永田町の慣例もぶっ壊すか。

※週刊ポスト2022年7月29日号

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン