芸能

片岡鶴太郎の深夜ローカル番組がセクハラ発言でBPO審理入り 女性出演者が「イメージ損なわれた」申し立て

審議入りした番組は片岡鶴太郎が出演しているが……(写真/時事通信フォト)

審議入りした番組は片岡鶴太郎が出演しているが……(写真/時事通信フォト)

 俳優でタレントの片岡鶴太郎(67)が出演する愛媛のローカルバラエティ番組『鶴ツル』(あいテレビ)が、セクハラ発言によりBPO(放送倫理・番組向上機構)で審理入りしたことがわかった。

 BPOは7月19日、「ローカル深夜番組女性出演者からの申立て」があったことを発表した。2016年4月~2022年3月に放送された深夜番組『鶴ツル』について、フリーアナウンサーである女性出演者から「番組中での他の出演者からの度重なるセクハラ発言などによって精神的な苦痛を受けた」と申し立てがあったという。

 BPOのサイトには、〈番組開始当初から苦痛、改善を訴えていたにもかかわらず、放送された他の出演者のトークが、申立人自身に対するものも含めてしばしば性的な内容に関することに及んで申立人に羞恥心を抱かせることで、また、そのような内容の番組の放送によって申立人のイメージが損なわれたことで、人権侵害を受け、放送倫理上の問題が生じたと主張している〉と申立書の内容が記されている。

 一方で被申立人のあいテレビは〈申立人は番組の趣旨を十分に理解した上で出演しており、申立人からの苦情も2021年11月が初めてで、また、番組の内容も社会通念上相当な範囲を逸脱しておらず、人権侵害や放送倫理上の問題はない〉と主張していることを報告し、BPOは〈本件申立ては審理要件を満たしていると判断し、審理入りすることを決めた。次回委員会から実質審理に入る〉と審理入りを発表した。

『鶴ツル』には、片岡鶴太郎、フリーアナウンサーの大下香奈、歌手という異色の経歴を持つ曹洞宗・西龍寺第10代住職の福村俊弘氏の3人が出演していた。

「出演者がお酒を飲みながらトークする番組で、『ちょっと大人の夜』というのをコンセプトにしていました。あくまでメインの出演者は、片岡さんと福村住職で、いわば大下アナは“ママ”役。そういった役割分担と、ほろ酔い状態であることから、口が滑ってしまったのかもしれません。収録は2か月に一度で、片岡さんは楽しみにしていたようですが……」(番組関係者)

 具体的にどんなトラブルが起きていたのか。関係者に問い合わせ中のため、状況がわかり次第、続報をお届けする。

情報提供募集

「NEWSポストセブン」では、今回の件について、情報・タレコミを募集しています。下記の情報提供フォーム、または「公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せください。

・情報提供フォーム:https://www.news-postseven.com/contact_post

・ツイッターアカウント:https://twitter.com/news_postseven

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン