芸能

高畑充希 念願のキム役の後に見せた「ミニスカに金髪ショートカット」の美スタイル

高畑充希

世界的名作ミュージカル『ミス・サイゴン』の出演を終えて帰宅する高畑充希

 ミニスカートからすらりと伸びた美脚で、スタスタと歩いて迎えの車に乗り込んだのは、金髪ショートヘアの女優・高畑充希(30才)。再び猛暑を記録し始めたうだる暑さの7月29日。世界的名作ミュージカル『ミス・サイゴン』の出演を終えて、帰宅する彼女の表情は充実感と安堵が入り混じったものだった。

 前日28日までのプレビュー公演は、公演関係者に新型コロナウイルス感染症の陽性者が出たため、急遽中止となっていた。初日を終えて、ほっと一息ついたところだったようだ。ある演劇関係者は「高畑さんにとっては2年越しの念願だった大役。ずっと昔から演じたがっていたキム役なので、感慨もひとしおでした」と明かす。

 デビューは2005年。『山口百恵トリビュートミュージカル』のオーディションで、13才にして約1万人の中から主演に選ばれ、早17年。15才からは、6年連続で名作『ピーターパン』の主演。その後も『スウィニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~』や、今年3月の『ウェイトレス』など、数々のミュージカルで主演を務めてきた。

 お茶の間では、2016年のNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロインや、その後の『にじいろカルテ』などの連ドラ主演でおなじみだが、そんなテレビドラマではめったに披露することのない歌唱力こそが、本来の持ち味。日本屈指のミュージカル女優である。

「高畑さんが長年目標に掲げていたのが、30年前の1992年の初演以降に何度も上演されてきた、歴史的名作『ミス・サイゴン』のヒロイン・キム役でした」(前出・演劇関係者)

 故・本田美奈子さん(享年38)、松たか子(45才)、新妻聖子(41才)、笹本玲奈(37才)ら、そうそうたるミュージカル女優がバトンを繋いできたヒロイン役。2020年版をオーディションで勝ち取ったはずだったが、コロナの影響で、全公演中止に。今回の日本初演30周年公演は、高畑にとってのリベンジ公演でもあった。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン