国内

血圧の変動で心臓に負担がかかる「ヒートショック」 冬場は自宅内の温度差にも注意

(写真/GettyImages)

血圧の乱降下に注意(写真/GettyImages)

 悪いものを出し、スッキリさせるはずの場所で命を落とす可能性がある。とりわけ11月から3月にかけて、その数が急増する──。

「元気だった義母が突然亡くなりました。早朝にトイレで倒れて、そのままだったそうです。86才とはいえ、血圧が高めだった以外は持病もなく健康そのもの。毎朝の体操を欠かさず、畑いじりが日課だったのに……。11月上旬、急に気温が下がった日の朝のことでした」

 主婦の上田陽子さん(55才・仮名)は、悲しげな表情を浮かべてそう話す。

 本来なら安心して安らげるはずのわが家。しかし、冬の寒さとちょっとした体調の変化によって、命を脅かす危険地帯に変わることがある。

 なぜ、元気だった上田さんの義母は急にトイレで命を落としたのか。高齢者の健康と生活環境について長年研究を重ねてきた大阪大学人間科学研究科特任研究員の小川まどかさんが解説する。

「急激な温度の変化で生じる血圧の変動で心臓に負担がかかって起こる『ヒートショック』が原因だと考えられます。

 血管は暖かい場所では拡張し、寒い場所では収縮するという特徴がある。つまり温度差が大きければそれだけ血圧が乱高下し、心臓に大きな負担がかかります。その結果、めまいや失神、さらには脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を発症することがあるのです。特に冬場は自宅内でも暖かい場所と寒い場所の温度差が大きく、注意が必要です」

冬はトイレでの突然死のリスクも高まる

冬はトイレでの突然死のリスクも高まる

 厚労省の調査によれば、11月から3月にかけては急性心筋梗塞による死亡者数が急増する(グラフ)。寒暖差は、私たちが想像する以上に血管に大きな負担をかけるのだ。東邦大学名誉教授で医師の東丸貴信さんが言う。

「そもそも、寒気は高血圧における大きなリスク要因の1つです。人間は寒さを感じると交感神経が優位になり、神経を高ぶらせるホルモンである『アドレナリン』や『ノルアドレナリン』が血液中に分泌される。すると心臓からの送血量が増えて血管が収縮し、血圧が高くなります。また、体液量を調節し、血圧を上下させる働きのあるホルモン『レニン・アンギオテンシン系』も活性化し、血管の収縮や血液中の水分の増加、交感神経のさらなる興奮で血圧の上昇を招きます」

 前日から気温が5℃以上変化する日、とりわけ暖かい気候が続いて急に寒くなったときは要注意だ。

「暖かい日が続き、安定していた血圧が寒気によって一気に下がると、体がその変化についていけず、血管には桁違いの負担がかかる。循環器系の医師の間では『急に寒くなると患者数が増える』が定説です」(東丸さん)

 東丸さんは50才を超えた女性は特に気をつける必要があると指摘する。

「閉経後、還暦を迎えたくらいの年代の女性は、女性ホルモンの一種で、血管を柔らかく保つ効能のある『エストロゲン』の分泌量が減少して、動脈硬化が進みやすくなります。そうした体の変化に加え、子供の独立や親の介護などライフステージが変わることによって、自律神経が乱れる人も多くいる。自律神経の乱れも高血圧につながります」(東丸さん)

 小川さんも年を重ねることでヒートショックのリスクが高まると話す。

「温度差による血圧の乱高下そのものは年齢に関係なく起きますが、加齢とともに血圧が高くなり、動脈硬化が進むため、温度変化に対する血圧の調整がうまくいかずヒートショックを起こしやすくなる。同時に温度の変化を感じる皮膚感覚が鈍くなります。本人が寒さを自覚しなくても無意識のうちに血圧が急激に上がっているケースも少なくありません」(小川さん)

※女性セブン2022年12月1日号

冬は心筋梗塞で亡くなる人が急増

冬は心筋梗塞で亡くなる人が急増

入浴前後は血管病のリスクが急増

入浴前後は血管病のリスクが急増

「冬の急死」を防ぐ9か条

「冬の急死」を防ぐ9か条

関連記事

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン