ビジネス

アサヒビールが首位を奪還か 外食盛況でスーパードライ回復、キリンは元社長急逝と値上げが逆風に

アサヒビールがシェアトップを獲得した模様(時事通信フォト)

アサヒビールがシェアトップを獲得した模様(時事通信フォト)

 コロナ禍で低迷していた外食・飲食市場がやや賑わいを取り戻し、アルコールの消費が回復してきた。そんな中、ビール類のシェア争いに大きな変化が起きているとみられることがわかった。ビール業界に詳しいジャーナリストの永井隆氏がリポートする。

 * * *
 2022年のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)メーカー別の販売シェア(市場占有率)で、トップメーカーが入れ替わったとみられる。取材を基に独自で集計すると、2021年通期で2位だったアサヒビールが36.5%を獲得。同首位だったキリンビールの35.7%を抜き、0.8ポイントの僅差ながら2019年以来3年ぶりに首位に返り咲いたようだ。

 なぜ“推計値”になるかといえば、アサヒが2020年から販売数量の公表をやめてしまったから。理由は「過度なシェア競争を避けるため」(アサヒ)として、ビール「スーパードライ」など主要3品目だけ販売数量を明らかにしている。

 これに対し、キリン、サントリー、サッポロビールの3社は引き続き、販売数量を公表し続けている。

 アサヒも公表していた2019年の4社合計販売数量は3億8458万箱(1箱は大瓶20本換算=12.66リットル)。この数字から、4社が示した「前年比」などから、2022年の4社合計の販売数量を導くと前年比2.5%増の3億3914万箱となる。ビール類市場が前年を上回ったのは実に18年ぶり。

 このうちキリンは前年比2.5%減の1億2100万箱でシェアは35.7%(2021年は37.5%)、サントリーは同5.3%増でシェア16.2%(同15.8%)、サッポロは同3.2%増でシェア11.6%(同11.5%)。アサヒは4社合計からアサヒを除く3社を引いた同6.2%増の1億2382万箱と推計され、シェアは36.5%(同35.2%)。

 もっとも、4社合計の2022年総市場の前年比について、アサヒは「3%増」としているのに対し、サッポロは「2%強増」、キリンとサントリーは「2%増」と分析が分かれている。こうしたなか、入手した複数のデータを元に、筆者は「2.5%増」とした。なお、2%増でシェアを計算するとアサヒ36.2%に対しキリン35.9%で、0.3%差と“併走”状態となる。

 昨年18年ぶりに市場が対前年でプラスに転じたのは、コロナ禍で低迷していた飲食店向けの業務用需要がやや回復したことが大きい。業務用は発泡酒や第3のビールは少なく、大半がビールだ。しかも、2020年に減税されたビールは家庭用でも需要が膨らみ、サッポロによれば4社合計のビールは前年より14%も伸びた。ビールと業務用に強いアサヒには追い風となった。

 一方、4社で唯一前年を割ったキリンは、家庭用と第3のビールに強く、昨秋の家庭用ビール類の値上げが逆風となった。さらに、2020年の11年ぶり首位奪還の立役者だった布施孝之元社長が2021年9月に急逝したこと。加えて、ちょうどミャンマー事業の整理作業と急逝がたまたま重なり、グループ内の主要人事を迅速に実行できなかったことも、キリンにとっては不運だった。

 2023年は10月にビールが減税される一方、第3のビールは増税されて発泡酒と税額は同じになる。同時に「いわゆる第3のビールは、定義上は発泡酒になる」(財務省)形だ。最終的には2026年10月、3種類の税額は350ミリリットルあたり54.25円で統一される(ビールは下がり発泡酒と第3のビールは上がる)。

「(ビール類のなかで)ビールを中心に今年は戦う」(野瀬裕之サッポロビール社長)のは、4社とも共通する。ただし、第3のビールが増税されるため、2023年の市場は「3%~4%減少する」と各社は予想する。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン