芸能

新しい戦隊シリーズ『王様戦隊キングオージャー』、時代劇研究家が注目した意外ポイント

『王様戦隊キングオージャー』

新たにスタートした『王様戦隊キングオージャー』

 戦隊モノは常に進化しているようだ。新しい戦隊シリーズ『王様戦隊キングオージャー』(テレビ朝日系)が話題を呼んでいる。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが注目したのは意外なポイントだった――。

 * * *
 5日にスタートした新しい戦隊シリーズ『王様戦隊キングオージャー』は、初回から大変なことになっている。

 物語の舞台であるチキューには、5つの国があり、民は平和に暮らしていた。ところが、ある日突然、昔からの予言にあった恐ろしい地帝国「バグナラク」が襲い掛かる。世界の平和を乱す強敵と闘うため、5つの国の王様が集結、闘うはずだったが…。

「だったが」と書いたのは、この王様たちが、ちっともまとまっていないからだ。

 顔ぶれは工業の国「シュゴッダム」の王様、青いトンボオージャーになるITテクノロジーの国「ンコソパ」の国王(渡辺碧人)、黄色いカマキリオージャーになる芸術と医療の国「イシャバーナ」の女王(村上愛花)、紫のパピヨンオージャーになる氷雪の中立国「ゴッカン」の国王(平川結月)、黒いハチオージャーになる農業の国「トウフ」の王殿(佳久創)。

 彼らはまとまらないながらも、バグナクラの攻撃に対抗すべく、かつて世界を救ったという昆虫型機械生命体の「ゴッドクワガタ」を復活させようとするが、なぜか、ゴッドクワガタは動かない。その理由は「シュゴッダム」の王様ラクレス(矢野聖人)がまったく参加しておらず、玉座に座って、飲み物片手ににやにやしているからだった。そこに駆けつけた平民のギラ(酒井大成)が怒りをぶつけると、ラクレスは平然と「真の平和は絶対的な力によってもたらされる」「民は道具」、この先、他の国も従えて、チキューを統一すると言い放つのである。おいおい、一番悪いのは、この王様じゃないか!? と思わせるこの展開。ファンタジー世界の話とはいえ、なかなか深い。

 そんな中、やっぱり時代劇好きの私としては気になるのが、カグラギだ。国の名前がトウフというだけでも気になるし、住んでいる城の名前が「タキタテ城」というのも素晴らしい。

 城の形は、鍋釜が重なったような形状で、背景には巨大な緞帳か屏風のような華やかな壁が。また、王様たちは、それぞれ一国の主だけに、中世の王族のようなスタイルや煌めくドレスなどゴージャスな雰囲気だが、カグラギは、キラキラの袴に花鳥風月的派手柄のロング羽織で手には扇子。

関連記事

トピックス

快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン