国内

岸田首相襲撃犯・木村隆二容疑者の学生時代「陰キャと言われていた」「パタリと消えた父親の怒鳴り声」

 学生時代が明らかになってきた木村容疑者

学生時代が明らかになってきた木村容疑者(写真は和歌山西署を出る様子。共同通信社)

 大阪と神戸の間に位置し、ベッドタウンとして発展してきた兵庫県川西市。整然と区画整理された新興住宅地の一角に、ガレージと庭のついた洒脱な一戸建てがある。広い庭はきれいに手入れされており、この春にはチューリップが咲き誇っていた。ここは、威力業務妨害の疑いで現行犯逮捕された木村隆二容疑者(24才)の自宅である。

「彼は、お母さんと仲がよかったですよ。一緒に近所のドン・キホーテに買い物に行ったり、お庭のガーデニングをしたりしていました。“事件”の3週間前にも、チューリップが咲いている花壇の草むしりをしていてね。目が合うと“おはようございます”と挨拶をしてくれる、感じのいい子だったんですよ。まさか“テロ”を起こすなんて……」(近隣住民)

 その自宅から100kmほど離れた和歌山県和歌山市雑賀崎の漁港で、日本中を震撼させた事件が起きたのは4月15日のことだった。同日、岸田文雄首相(65才)は、衆院補欠選挙の応援で、雑賀崎漁港を訪れていた。

 集まった地元の漁業関係者らは200人ほど。演説が始まろうかというときだった。首相めがけて投げ込まれた銀色の筒がアスファルトに落ち、カランカランという金属音を立てる。ほぼ同時に、赤いシャツを着た漁師が投げた男に飛びかかり、ヘッドロックをかました。

「押さえろ! こいつや!」

 地元の漁師たち、そしてSPや警察官が、次々に男を押さえにかかる。異常事態を察知した首相はすぐさま車に乗り、現場を離れた。次の瞬間、「ドン」という爆発音と同時に閃光が爆ぜ、あたりは白煙に包まれた。一斉に悲鳴が上がり、散り散りに逃げる聴衆。現場はパニックに陥った──。

 威力業務妨害の疑いで現行犯逮捕されたのは、職業不詳・木村隆二容疑者。現場で押収された爆発物とみられる銀色で筒状の物体2つのほかに、当日の荷物からは刃渡り約13cmの果物ナイフも見つかった。取り調べに対しては「弁護士が来てから話します」と供述し、黙秘を続けているという。近隣住民らによると、木村容疑者は、約15年前に冒頭の一戸建てに越してきた。

「小学校では明るい人気者だった一方で、自分からみんなの輪に入ろうとしない、引っ込み思案な部分もありました。所属していた地元のサッカークラブは、5年生のときには来なくなり、結局辞めてしまった。ゲームにハマり、ひとりで遊ぶようになったようです。中学時代には、仲がよかったグループの2~3人と仲違いしていじめにあい、登校も少なくなった。“陰キャ”と言われていたと息子から話を聞きました」(木村容疑者の同級生の母)

 かくして同級生の輪から“フェードアウト”した木村容疑者。しばらくすると、家族関係にも変化があったようだ。

「木村家は両親と兄姉の5人家族です。ただ、7年ほど前から運送業を自営していたというお父さんの姿を見ていません。家にいたときには怒鳴り声がしょっちゅう聞こえてきましたが、その声もパタリとなくなりました」(前出・近隣住民)

 自分の世界にこもり、外部との接触を好まなかった木村容疑者。コロナ禍に入ると、その生活は加速していったようだ。

「近所のスーパーで買ったおにぎりやサンドイッチをお供に、午前中から公園でひとり、分厚い本を読んでいたのを見かけました。自宅から、ギターの弾き語りを練習する歌声が聞こえてきたこともありました」(別の近隣住民)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン