国内

《4億円ロマンス詐欺》65人の男女を騙した“60歳主犯男”が告白した“極貧ガーナ生活”「所持金は25ドル。家賃を1年間滞納」

森川光被告は“報酬”を受け取っていたのか(イメージ)

森川光被告は“報酬”を受け取っていたのか(イメージ)

 ネット上で出会った相手に“愛の言葉”を囁き、大金を騙し取る「国際ロマンス詐欺」──。約3.9億円を騙し取った犯行グループの“主犯格”としてガーナの首都アクラで拘束され、昨年8月、日本へ強制送還されたのが、森川光被告(60)だ。詐欺罪などで起訴され、現在、大阪地裁で審理が続いている。現地にいるガーナ人も8人加担しており、ガーナ側の主犯格で“ブルー・コフィ”の異名を持つナナ・コフィ・ボアテイン(34)は米国へ逃亡中だ。森川被告が獄中で語った半生とは……。ノンフィクションライターの水谷竹秀氏がレポートする。【前後編の後編。前編から読む

「ガーナで金融ビジネスをしないか」

 森川はかつて不動産業界で働き、東京都内の一等地に会社を構えていた。しかし、リーマンショックで会社を潰してしまう。路頭に迷っていた頃、知人に「ガーナで“金融ビジネス”をしないか」と持ち掛けられた。日本人の出資者を募り、2015年5月、ガーナの首都アクラへ飛んだ。51歳だった。森川が振り返る。

「最初は安ホテルに泊まりながら、出資者の支援金で暮らしていました。ビジネスは結局、詐欺みたいなもので、1700万円ぐらい注ぎ込み、すべて騙し取られました」

 何度聞いても胡散臭く感じられる“金融ビジネス”に飛びついた時点で、森川は詐欺師の世界に片足を突っ込んでいたのかもしれない。そんな時、もう一人の主犯格、コフィと出会う。

「泊まっていたホテルで受付をしていました。日本語で話しかけられ、仲良くなった。(26歳年下の)彼を息子のように可愛がっていましたね」

 そのコフィから、やがて「送金ビジネス」を持ちかけられる。日本からの送金を森川が用意した口座経由でコフィたちに流すと、10%の「手数料」が受け取れるのだという。

 これこそがロマンス詐欺との最初の接点だったのだろう。森川も最初こそ断わったが、ガーナの入国管理局とのトラブルをコフィに解決してもらった見返りとして引き受けることにした。森川は日本人の知人に声をかけ、コフィらに複数の銀行口座を提供した。

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン