ライフ

鋳物フライパンと電気卓上コンロがコラボレーション 焼く・煮る・揚げるなどオールマイティーに対応

「世界で一番お肉がおいしく焼ける」

「世界で一番お肉がおいしく焼ける」と大ヒット

 創業86年の鋳物メーカー・石川鋳造が2017年に開発した「おもいのフライパン」のコンセプトは「世界で一番お肉がおいしく焼ける」。その思いが多くの食通に伝わり、累計販売枚数は7万枚を超えた。

「鋳物のフライパンは熱伝導率がよいのが特長です。煙が出るほど熱しても問題のない無塗装にしたため高温調理ができ、お肉の表面をカリッと焼き上げて、内側に旨み成分を閉じ込めることができます」(代表取締役社長の石川鋼逸さん・以下同)

 肉へのこだわりを追求した「頂」の焼き面には、高低差と広狭差のある波のような凹凸が刻まれている。これにより、食材への熱伝導が不規則になり、ゆっくりと熱が伝わって、旨み成分を残存させるという。そのうえ、余分な脂も落としてくれる。

 蓄えた熱を逃がしにくいことも鋳物の利点だ。肉の旨みを閉じ込めた後は、余熱でじっくりと火が通る。本製品は鋳物の特性を生かしつつ、調理時の使い勝手のよさを追求したため、焼き面を5〜6mmとした。

 今回、同社がタッグを組んだのは、調理家電などの生活関連用品の企画・開発・販売を行う「ドウシシャ」だ。鋳物のフライパンは熱伝導率がよい半面、火加減が難しいという声もある。しかし、電気卓上コンロであれば簡単に扱える、という発想から両社の技術を結集させたが、困難を極めたのは取っ手の熱さ対策だった。

「開発当初は取っ手に焼き面の熱さが伝わってしまいました(電化製品は「電気用品安全法」により、製品使用中の取っ手の温度は55℃以下に定められている)。試作を繰り返し、取っ手とその手前のスペースにL字型の空間を設けたところ、素手で触れる温度にまで下がったのです」

 本製品は「頂」と「深型」のフライパンがセットに含まれ、直火やオーブンにも対応。焼く・煮る・揚げるなどオールマイティーに使える。

「深型はすき焼き鍋にもなり、卓上での揚げ物調理もおすすめです。蓄熱性が高いので、食材を投入しても温度が下がりにくく、旨みを閉じ込めた香ばしい天ぷら料理などが絶品です」

 2つのフライパンを重ねれば密閉され、炊飯など無水調理もできる。卓上コンロの温度は弱(約110〜150℃)・中(約160〜190℃)・強(約200〜250℃)の3段階で調節可。上がりすぎれば自動でオフとなり、下がればオンとなる。安全で失敗のない点もうれしい。

◇本製品は「おもいのフライパン公式オンラインショップ 」、愛知県碧南市の「体感基地おもいのフライパンBASE(直営店)」で購入できる。近日、碧南市のふるさと納税の返礼品にも加わる。

※電化製品は「電気用品安全法」により、製品使用中の取っ手の温度は55℃以下に定められている。

『おもいのフライパン スクエア 電気卓上コンロ フルセット ドウシシャVer.』

『おもいのフライパン スクエア 電気卓上コンロ フルセット ドウシシャVer.』

【商品DATA】
『おもいのフライパン スクエア 電気卓上コンロ フルセット ドウシシャVer.』石川鋳造/5万5000円。
(写真・上)スクエア 頂/外径:幅250×奥行250×高さ30mm、重量:2.1kg
(写真・中)スクエア 深型/外径:幅250×奥行250×高さ60mm、重量:1.95kg
(写真・下)専用電気卓上コンロ。立つ兼用ふた、収納スタンド、なべしき、マグネット式電源コードが付属。

取材・文/藤岡加奈子

※女性セブン2024年4月11日号

一般的なフライパンは温度の低い部分と高い部分が混在するが、「おもいのフライパン」は全体が一定の高温になる

一般的なフライパンは温度の低い部分と高い部分が混在するが、「おもいのフライパン」は全体が一定の高温になる

火を止めて2分後の計測画像。

火を止めて2分後の計測画像。右は一般的なフライパン

ホットケーキ

ホットケーキもおいしく

いろんなレシピに対応

いろんなレシピに対応

セット一式は木製スタンドで自立する。約縦250×横250×高さ90mmのスペースで収まる

セット一式は木製スタンドで自立する。約縦250×横250×高さ90mmのスペースで収まる

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン