芸能

【担当番組がなくなった娘】野村萬斎、TBS日曜劇場初出演も「娘の野村沙也子アナは消えたまま」で局員ドギマギ

日曜劇場『アンチヒーロー』に出演する野村萬斎

日曜劇場『アンチヒーロー』に出演する野村萬斎

 狂言師の野村萬斎(57)が、4月期の日曜劇場『アンチヒーロー』に出演することが発表された。同作は長谷川博己が演じる主人公が「殺人犯でも無罪にする」ダークな物語。萬斎は長谷川と対峙する検事正役で、日曜劇場を含めTBSの連続ドラマは初出演となる。この配役に一部のTBS局員がザワついたという。

「萬斎さんの娘さん、野村彩也子アナ(26)です。彼女がいまちょっと局内で微妙な立場なので、このタイミングで父親がうちのドラマ出るんだ……っていう」(TBS関係者)

 野村アナは2020年に慶應義塾大学を卒業後、TBSに入社。1年目から『あさチャン!』 『ひるおび』を担当し、2年目にはテレビ、ラジオを合わせてレギュラー10本を抱える売れっ子に。

 だが、2023年に入るとレギュラー番組を続々と降板。同年秋には担当番組がゼロになる事態に。別のTBS関係者が言う。

「原因は度重なる遅刻によるものとされています。入社当初から時間にルーズだとは言われていて、とくに朝が苦手らしいんです。過去に『あさチャン!』を担当していた際は、出番ぎりぎりにスタジオ入りすることも珍しくなく、番組スタッフはひやひやしていました。スタッフが携帯に電話しても連絡がつかないこともあり、“彼女に重要な番組を任せるのは怖い”という声は日増しに大きくなっていきました」

「父娘共演で番宣」できればよかったけれど…

 2024年4月1日現在、TBSアナウンサーの公式HPによれば、野村アナの担当番組は空欄になっている。X(旧Twitter)とInstagramの更新も昨年8月で止まっており、近況はうかがい知れない。そこにきての、父・萬斎のTBSドラマ出演である。

「ドラマのスタッフも“娘さんの話題を出していいのか”とドギマギしていました。本来なら情報番組の番宣で萬斎さんが出て、父娘共演なんてことで話題作りができたかもしれないのですが、いまはとてもそういう空気ではなくて……」

 過去、野村アナは自身の番組を父親が見ていることを明かし、こんなエピソードを披露していた。

〈毎日、父からLINEでアドバイスが送られてきます。「今日の声のトーン良かったよ」、「フリップを持つ手はこの角度のほうがいいよ」など、話し方だけではなく、演出的な目線で角度やタイミングなども指摘してくれます。一番細かくアドバイスしてくれているのは父かもしれません(笑)〉(『マイナビニュース』2020年10月30日)

 アドバイスどころか娘の出演番組すらなくなったいま、萬斎の胸中はいかに。

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン