携帯用サイトのURLが変更になりました。ブックマーク等の変更をお願い致します。
http://k.news-postseven.com/archives/20120921_144303.html

注目のビジュアル

一見すると日本画のように映る富士山の屏風

会見で涙を拭う小保方晴子氏

『ようかい体操』が子どもたちの間で大人気

謎の美女・祥子

壮絶集団痴漢体験を語ったFカップ旅作家

おいしく見せるための食レポのテクニックを語る彦摩呂

昨年5月、東京・京橋にオープンした『獺祭Bar 23』

元“美しすぎる市議”がセミヌード披露

極小ビキニでG乳を見せつけた杉原杏璃

モバイル NEWSポストセブン

携帯電話でもNEWSポストセブンをお楽しみいただけます。
下記のQRコードを使ってアクセスしてください。

QRコード

スマホ NEWSポストセブン

スマートフォンブラウザでもNEWSポストセブンをご覧いただけます。

twitter 耳寄り情報お届け中


ライフ

自分の性器見たことない女性は37%「見ること自体ふしだら」

2012.09.21 16:01

 他人にはめったに見せることのない体の部分、それが性器。男性であれば気軽に自分の性器について、面白おかしく話すこともあるだろうが、女性となるとそういう機会も少ない。それでは、世の女性たちは女性器についてどう思っているのか。そこで、女性セブンは20代以上の女性100人女性器についてのアンケートを実施した。

 まず「自分の女性器に自信がありますか?」と質問をしたところ、「自信がある」と答えたのはわずか16%。64%の人は「自信がない」と答えた。20%の人は「比べるものがないからわからない」などと回答した。

 さらに「女性器について悩みはありますか?」と尋ねると、悩みを持っている女性は35%。どうやら、悩みはないが、自信はもてないという女性が多いようだ。理由を聞いてみると──

「そもそも胸とかと違って、人のを見る機会もないですし、女性器について考えたこともなかったです。かといって自信があるかと聞かれると、あるとは言えないし」(42才・会社員)

「子供を2人産んでいるので、もうさすがに自信はありません。でも、別に悩む必要なんてないでしょ」(53才・主婦)

 そもそも自信をもったり悩んだりする以前に“考えたことがない”という人が多い。

 一方、「悩みがある」と答えた人を年代別に見ていくと、40代以上は16%程度だが、20代、30代では実に2人に1人以上が悩んでいた。具体的に何に悩んでいるかを尋ねると、最も多いのは「毛深い」(42.9%)こと。次いで「におい」(25.7%)、「小陰唇が大きい」(20.0%)と続く。

 では、悩んだきっかけはというと、「自分の女性器を見て」(25.7%)という人が最も多く、他には「夫や恋人に指摘された」「出産」「アダルトビデオを見て」などがあった。

 また、「自分の女性器を見たことがありますか?」と問うと、「ある」が63.0%、「ない」が37%だった。41才の女性が明かした。

「女性器を見ること自体、セックスを連想するから、ふしだらなことに思えてしまうんです。昔の恋人にも夫にも女性器について何か言われたことはありませんから、一度も鏡に映したことはないです。友人とも女性器の話なんてしたこともありません」

※女性セブン2012年10月4日号


人気ランキング

1.
宮沢りえ離婚問題が泥沼化 親権主張する夫は「切り札」持つ
2.
TAKAHIRO EXILEの飲み会へ行かずに板野友美と焼肉デート
3.
結婚間近報道・観月ありさ 恋人と前妻・上原さくらの泥沼
4.
向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた
5.
ノーブラで世界一周のF乳旅作家 壮絶集団痴漢体験を告白
6.
EXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも
7.
井戸田潤が安達祐実に怒る「娘が片親引き離し症候群になる」
8.
川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も
9.
20歳で逝った巨人ドラ1位 地方出身高卒投手が陥るパターン
10.
悠仁さまが学校で仲間はずれ 専門家は充分にいじめと判断

今日のオススメ

提供元一覧

狼の牙を折れ

エストロゲン

やむを得ず早起き

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ

© Shogakukan Inc. 2014 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。