グラビア

被災地でも花見 やさしく力強く咲く「望郷の桜」を紹介

陸前高田市・金剛寺での花見

〈さまざまの 事おもひだす 桜かな〉

 おくのほそ道紀行で、東北地方との縁も深い松尾芭蕉が桜を詠んだ句である。

 3月11日に起こった自然の手による忌まわしい大惨劇が、みちのくからすべての色を奪い去り、人々を悲しみの底に突き落とした。あれから1か月半。

 岩手県陸前高田市の金剛寺では、50本のソメイヨシノの下で、地酒『酔仙』を酌み交わしながら、住民たちが復興を誓いあった。宮城県名取市閖上地区では、津波に倒された桜の枝から数輪の花が開き復興の象徴になっている。

 また「滝の桜に手は届けども、殿の桜で折られない」と盆歌に歌われ、江戸時代から庶民に親しまれてきた福島県三春町の滝桜など、被災地の桜はやさしく力強く花を咲かせた。

 桜の開花は山の神の里への降臨の告知であり、神を祀り、酒食をともに、五穀豊穣を願う。桜樹信仰ともいうべき古代から続く祈りは今後も被災地の春に生き続けていく。

 被災地に咲いた望郷の桜を、写真とともにいくつか紹介しよう。

【金剛寺】(岩手県陸前高田市)
 境内に咲く約50本の桜の木の下でちりぢりに避難した集落の人々が集まり「花見」をした。古くから地元に伝わる太鼓の音色に合わせて手拍子と笑顔が久々にあふれた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
白井一行球審、マスクの内側は?(時事通信フォト)
ロッテとトラブルの白井一行球審の素顔 AKB48の大ファンで推しは大島優子
週刊ポスト
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
日本維新の会の音喜多駿・参院議員が週刊ポストに提供してくれた今年5月10日支払い分の議員歳費の「支払明細書」
国会議員の本当の支払明細書を公開 「月100万円しか」どころじゃなかった
週刊ポスト
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン