国内

大蔵官僚 芸者ともみ合いの乱痴気騒ぎすれば一人前だった

 最強官庁として民主党政権を裏からコントロールする財務省。エリート中のエリートの集団だが、彼らの行動様式は旧大蔵省時代から連綿と続いている。

 大蔵官僚といえば接待漬け、大蔵接待といえば銀行の「MOF担(Ministry of Finance=大蔵省の担当の意)」というのは、1990年代後半に吹き荒れたハレンチ接待醜聞を覚えている国民の社会常識である。が、実は霞が関にもMOF担がいたことをご存知だろうか。

「大蔵官僚を接待するのは2つのパターンがあった。監督下にある金融機関がする場合と、予算をほしがる他省庁がすることがよくあった。各省庁は予算査定をする主計官の大学同期をMOF担にし、料亭や高級クラブで夜な夜な大蔵官僚を接待した」(某省OB)

 その費用は各省傘下の業界にツケ回すのが常で、接待内容は銀行接待と同じ。国民の怒りを買った「ノーパンしゃぶしゃぶ」では、局部を丸出しにしたホステスたちが高級和牛を「しゃぶしゃぶ」して官僚に「アーン」する痴態が常態化していたが、本当に国民に見せられない現場はもっと別にあった。

「何といっても大蔵官僚が好きだったのは向島。都心から離れていて人目につかず、それを利してハレンチ接待する高級料亭がいくつもあった。お座敷バンドを呼び込んで20歳そこそこの芸者と抱き合い、もみ合いながら歌えや踊れやの乱痴気騒ぎを演じるのが官僚として“一人前”になる道だった。宴会が始まって10分もすれば、官僚も芸者もほとんど全裸でしたね」(元大手銀行MOF担)

 2次会、3次会、さらに「ホテル」まで用意して、一晩に1000万円かけることもザラだったという。

 そんな接待漬け大蔵官僚が、逆に接待役に回ることもあった。大手新聞やテレビの番記者が集まる記者クラブ「財政研究会(財研)」を手なずける時だった。

「高い店には行きませんが、庁舎内にあった洋食屋でよくメシをおごってもらいました。また、夕方5時以降に各課の部屋に行くと、ビールや水割りをごちそうしてもらえた」(元財研記者)

 嘆かわしい限りである。今も基本的にその主従関係は変わっていない。

※週刊ポスト2011年10月7日号

関連キーワード

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン