ライフ

ピル服用する理由 避妊目的は20%、80%は生理痛緩和など

 ピルをめぐる状況は、大きく変わっている。副作用がほとんどなく、生理痛や不調、にきび、更年期症状などの解消にも効果が実証されている。

 だが、日本でのピルの普及率は欧米に比べて非常に低く、わずか3%。それには低用量ピルの国内での認可が遅れたことも影響している。

 そもそもピルが初めて承認されたのはアメリカで、1960年にさかのぼる。1964年には日本でも、生理不順などの治療薬としてピルが登場した。

 しかし、1960年代のピルは女性ホルモンの含有量が多く、血栓症などの副作用が起こりやすいのも事実だった。しかし、その後、少ないホルモン量でも効果が発揮できるピルが開発される。

 エストロゲンの量が50マイクログラムのものを「中用量ピル」、それより多いものを「高用量ピル」、少ないものを「低用量ピル」と呼ぶが、1970年代にはすでに世界で低用量ピルが主流となった。この低用量ピルの出現により、前述の副作用も可能な限り抑えることができるようになり、胎児への悪影響などの事例も現在まで報告されていない。

 ところが、日本で低用量ピルが認可されたのは1999年で、諸外国よりはるかに遅かった。そこには日本人のピルに対する偏見があったと日本産科婦人科学会前理事長で慶応大学大学院医学研究科産婦人科学教授の吉村泰典さんはいう。

「ピルをのむと妊娠の心配がなくなるから平気でセックスをするようになり、性が乱れるといった、非常に誤った考え方があったからです。厚労省がピルを承認したときも、“ピルを解禁すると性が乱れる”という議論がありました。これには、日本が男性社会であることの影響もあったかもしれません」(吉村さん)

 だが、こうした偏見をもつのは男性ばかりではない。ある20代女性は、母親世代のピルに対する無理解に、こういってため息をついた。

「生理痛があまりにもひどいので、婦人科に通ってピルを処方してもらったら、母に“なんてふしだらな”といわれ、嫌な顔をされてしまいました」(20代女性)

 女性でも、世代が上になればなるほどピルへの抵抗感が強い傾向が見られる。

「日本でピルを服用している人のうち、避妊目的の人はたった20%。80%は違う理由、生理痛などの症状をやわらげるためにのんでいるんです。偏見をなくして、女性のQOLを高めるためのものとして、ピルをとらえてほしいですね。どんな薬にもリスクとベネフィット(効用)があるけれど、ピルはベネフィットが大きい割にリスクが少ない、珍しい薬なんですから」(吉村さん)

※女性セブン2012年7月12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン