• TOP
  • 国内
  • ネットで叩かれる女・叩かれない女の境界線は超明快だった

国内

2012.09.02 07:00  NEWSポストセブン

ネットで叩かれる女・叩かれない女の境界線は超明快だった

『メルマガNEWSポストセブン』では、『ウェブはバカと暇人のもの』の著者としても知られるネット編集者の中川淳一郎氏が、その週にネットで話題になったニュースのツボを解説している。現在配信中の29号でも、

「地獄のミサワ 結婚していた!!!!!」
「ついに川越シェフ『史上最悪の修復画』になる」

など、その週にネット上で起きた様々な事件を紹介しているこのコーナー。なかでも今週「もっともネット的」とでもいうべきネタが「盛岡市の事務員の21歳女 ブログに下半身写ったわいせつ画像掲載し逮捕」という事件だ。

 * * *

 まさにタイトル通りの事件なわけですが、この女は昨年12月から今年5月まで、下半身が写ったわいせつ画像6枚を掲載し、「わいせつ電磁的記録媒体陳列」の疑いで逮捕されました。女は容疑を認めているとのことです。

 こうした事件が発生するたびに、ネット上では「無罪!」「なぜ逮捕する!」といった声が多数あがるものです。

 で、もちろん今回もこんな声が出ましたね。

「もっと早く教えろ!!!」
「警察気づくの早すぎ!!!」
「大目に見ろよ、警察」
「なぜこんな天使を捕まえるんだ これは芸術だと思えばアート扱いしたら全く問題ないだろ 誰だよ本当よけいな要らん通報した馬鹿は」

 このように「若い女」がこうしたエロ案件で逮捕されると途端に同情的になるのがネットの常ではあります。

 しかしながら、この女の顔写真が公開され、あまりお美しくない場合、ネットの皆様方は途端に手の平返しをし、「オエーッ」と言ったり、「警察官GJ(グッドジョブ)」とやるもので、結果的には「人は見た目が9割」が正しい、といえそうです。

※参考ページ
21歳女逮捕 自分のブログに下半身写ったわいせつ画像載せる ― スポニチ Sponichi Annex 社会『Ceron.jp』

※メルマガNEWSポストセブン29号

関連記事

トピックス