• TOP
  • 芸能
  • ホワイトハウス陥落映画相次いで製作の背景を国際専門家分析

芸能

2013.07.13 07:00  NEWSポストセブン

ホワイトハウス陥落映画相次いで製作の背景を国際専門家分析

 アメリカの象徴、ホワイトハウスが襲撃され陥落されるというストーリーのハリウッド映画が相次いで登場。内容やシーンがそっくりだと話題を集めている。

 現在公開中の『エンド・オブ・ホワイトハウス』は、テロリストによりホワイトハウスが襲撃、占拠。大統領も人質にとられ、核爆弾作動コードも要求されてしまう。主人公の元シークレットサービスが、大統領救出に向けて動き出すという展開だ。

 一方、8月に公開される、ローランド・エメリッヒ監督の最新作『ホワイトハウス・ダウン』は、謎の武装集団によりホワイトハウスが襲撃、占拠されるという設定が『エンド・オブ・ホワイトハウス』と同じ。大統領が人質にとられるのも同じなら、主人公の議会警察官が大統領ら人質救出とホワイトハウス奪還に挑むというストーリー展開もまったく一緒だ。

「両映画ともホワイトハウスがヘリコプターや戦闘機によりミサイル攻撃を受け、激しい爆破シーンも描かれます。ホワイトハウスに立つ国旗がなぎたおされる演出までまったく同じです」(映画ライター)

 アメリカでの公開時には、構成がそっくりなポスターも話題を呼び、「話題作りのためわざとやっているんじゃないか?」という声が出たほどだ。

 アメリカでは『エンド・オブ・ホワイトハウス』が今年3月、『ホワイトハウス・ダウン』が6月に公開されたが、製作が決まったのは同じ昨年3月ごろだった。

 このようにホワイトハウスを題材にしたハリウッド映画が相次いで作られるのはいったいなぜなのだろうか? 

 国際ジャーナリストの小西克哉さんは、次のように分析する。

「製作が決まった2012年はアメリカでは大統領選挙の年。アメリカ人にとって4年に1度、政治を大きく意識する年です。そのタイミングに合わせて、大統領が登場する映画の製作をすすめることで話題作りをし、興業的な成功につなげようという狙いから作られたのではないでしょうか。

 こういった政治に関連した映画を作るとき、内政をテーマにするよりも戦争など外交に関する話にしたほうが派手な作品になります。テロリストとの戦いや、攻撃により建物が爆破される、という要素も入れやすいですし、ホワイトハウスが陥落されるということを題材にすればなおさらインパクトは強い。

 今回、2作品の製作時期が重なりましたが、ハリウッドの脚本はいろんなところに持ち込むので情報が漏れることもよくありますし、同時期に同じテーマを扱う映画が作られるのはこれまでもあったことで、珍しいことではありません」

関連記事

トピックス