ビジネス

フィットネスクラブが早朝営業で集客競争 朝ジム文化定着へ

 記録的猛暑と言われる今年の夏。だが、そんな暑さにも負けずスポーツに取り組む人も少なくない。ここ数年はランニング人気が続くなど健康志向が高まっている。こうした状況を背景に、夏のスポーツ需要を取り込もうと、涼しい早朝から営業を行ったり、早朝割引などを始めるスポーツ施設も増えてきた。折しも「朝活」ブームである。夏の朝時間をめぐるビジネスが活発化している。

 平日の朝7時15分。東京・丸の内のフィットネスクラブ、ティップネスでは「朝YOGA教室」が始まる。参加者のほとんどは出勤前のビジネスマンやビジネスウーマンたちだ。週1回通っているという30代女性は「今年の夏から週1回、通い始めました。最近は夜も暑いですから、施設内は冷房が効いているとはいえ、なかなか運動をする気になれなくて」と語る。昨年、東京ステーションホテルの地下1階にオープンしたフィットネスラウンジ・ジェクサー東京は、7時から営業。7時から9時の利用者が一日の3割程度を占める日も少なくないという。

 フィットネスに限らず、ゴルフ練習場やテニススクールでも早朝営業が広がっている。新宿区・神宮外苑ゴルフスクールの早朝レッスンクラスは6時半から。江戸川区のロッテ葛西ゴルフは5時半から7時半まで、お得な90分打ち放題プランを実施している(土日祝日のみ)。高輪のテニスセンターでは7時から、スクールの後、自由にプレーができるという特典付きの早朝スクールを開催中だ。

 皇居を中心としたランナーたちにシャワーやコミュニケーションの場を提供する「ランナーズステーション」。ここは7時から営業しており、30~40代のビジネスマンが多く利用するという。実際に、夏でも走るランナーは増えているようだ。市民ランナーでAll Aboutの「ジョギング・マラソン」ガイドを務める谷中博史氏は、夏のランニングについてこう語る。

「秋からのレースシーズンに向けて、夏でもトレーニングをしておきたいと考えるランナーは増えています。ただこの季節は、夜より朝のほうが涼しい。だから、朝時間にシフトする人は多いようです。朝のうちに一汗かくと、日中も疲れにくくなりますから、一石二鳥でもあります。ただ、冬よりも一杯多く水を飲んでから走る、日差しが少ないコースを取るなど、夏ならではの対応は必要です。どうしても暑い時は、ジムなどの施設を利用するランナーもいるようですね」

 活況を呈しつつある早朝スポーツビジネスの現状について、船井総合研究所の濱田将士氏に聞いた。

「フィットネス業界について言えば、いまジムなどの施設を利用している人は、全人口の約3.3%で、ここ数年、横ばいが続いています。一方、何らかの朝活をされている人は、全体の約0.08%ですが増加傾向にある。この数は主に都心部に集中していますから、都心部では、朝の利用者が、スポーツ施設の利益につながっていると考えられます。

 一方、地方は発展途上ですね。スポーツをしたいという高齢層の需要はあるのですが、それを掬い取れていない。働き手が見つからないとか経費の問題で、施設側が採算に見合う早朝営業ができないという事情があります。ただ、需要があることは確実なので、今後伸びていくと考えられます」

 そして今後、“朝ジム”文化は定着していくだろうと予想する。

「業界的には夏に限らず、朝に運動やトレーニングするのが常識になりつつあります。フィットネス文化は元来、アメリカから入ってきたものです。現在、日本のフィットネスジムは9時半から10時オープンが一般的ですが、アメリカでは5時、6時が普通なんですね。今後は営業時間に関しても、米国化が進んでいくと言えるでしょう」

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン