国内

吉野家・国会議事堂店に行列 議員会館食堂は閑古鳥の明暗

 臨時国会が開幕した永田町で、いまもっとも“熱い場所”は、「吉野家永田町1丁目店」だろう。

 通行証がなければ入ることのできない議事堂敷地内に、吉野家がオープンしたのは10月11日のこと。連日大行列をなしている。営業時間は、朝9時半~夕方4時まで。
 
「オープン以来、週に2~3回はこの店で朝飯を食べています。そのときにも、店内には『牛重弁当7個、○○先生の事務所まで』という昼の予約の声が飛んでいますよ」(自民党議員秘書)
 
“サラメシ”の代名詞・吉野家には似つかわしくない大物センセイも興味津々のようだ。
 
「まさか安倍首相は行かないと思うが、菅官房長官は結構乗り気。『今度、外国産牛丼食べに行くか』といっている」(官邸関係者)
 
 なぜ、どこでも食べられるこのメニューに人気が集中するのか。民主党中堅議員の秘書が明かす。
 
「議員会館や、国会議事堂内にも食堂はありますが、私はこれまで2回しか利用したことがありません。値段が安いわけでもないのに、学食や病院食のような味気ないものばかりで皆辟易していたんです。長く他の店と競うことがなかったからでしょうね。3年前に議員会館が新しくなって、地下にコンビニやコーヒーチェーンが入ったときは、みんなそっちにいっていましたからね」
 
 オープンから6日経った16日、11時半の時点で吉野家には10人以上が並んでいた。一方、議員会館内の食堂は、12時をすぎても、半分以上が空席。食堂には、窓際に用意されたガラガラの「議員専用席」が物悲しさを増長させていた。
 
 ライバル店との激しい戦いに日々晒されている牛丼メーカーと、そんな競争意識すらない食堂では、味も価格も大差がついてしまって当然なのかもしれない。

※週刊ポスト2013年11月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン