芸能

苦肉の策から生まれた「映画村」は日本で初めてのテーマパーク

 最近は減少傾向にある時代劇だが、それをめぐる環境から、日本で初めてのものが生まれた。日本初のテーマパークは時代劇が由来だったと、『時代考証学ことはじめ』などの著書がある編集プロダクション三猿舎代表・安田清人氏が、その成り立ちについて解説する。

 * * *
 時代劇が全盛期に比べて衰退したのは、疑いようのない事実だ。しかし、時代劇がなくなってしまったわけではない。時代劇をめぐる「環境」はどうなっているのだろう?

 ということで、時代劇の撮影に使われている、オープンセットをもつ撮影スタジオを訪ねてみた。時代劇の撮影スタジオとしてもっとも有名なのは、東映京都撮影所だ。京都市右京区の太秦(うずまさ)地区には、「東映京都」と総称される、東映グループの各事業所がある。事業所は東映株式会社京都撮影所、東映太秦映像株式会社、株式会社東映京都スタジオ(東映太秦映画村)の3つだ。

 そのルーツは、1926年(大正15)、人気俳優の“阪妻(ばんつま)”が自ら設立した阪東妻三郎プロダクションの自社撮影所。以後、松竹傘下の「帝国キネマ太秦撮影所」「新興キネマ京都撮影所」などの組織変更を経て、戦後の1951年(昭和26)に東映が発足すると、「東映京都撮影所」となった歴史を持つ。その後、映画・テレビの時代劇を数多く生み出し、現在は時代劇だけでなく現代劇の撮影なども行なわれている。

 太秦の東映、というと、「映画村」を思い浮かべる方も多いだろう。東映太秦映画村は、東映子会社の「東映京都スタジオ」が運営するテーマパークで、東映京都撮影所とは別組織になっている。映画村が誕生したのは1975年(昭和50年)。今年(2015年)でちょうど40周年を迎えることになる。

関連キーワード

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン