国際情報

駅で3列に整然と並ぶ様子に中国人「とうてい真似できない」

 通勤ラッシュ時の日本の満員電車は、多くの外国人にとってエキゾチックな観光スポットでもあるようだ。最近、以前にもまして急増している中国人旅行客にとっては、日本の電車に乗ることそのものが驚きの連続だという。『「ニッポン大好き」の秘密を解く』(中公新書ラクレ)を出版したジャーナリストの中島恵氏が、中国人が日本の電車マナーの何に驚いているのかをリポートする。

 * * *
 これまでに数回来日経験のある、上海在住の50代の男性は「日本の電車内の静けさに文化の成熟度を感じる」と話す。

「中国でも、北京・上海などの都会ではスマホを使う人が増え、車内ではメールやSNSで済ませる人が増えていますが、まだ一部。出稼ぎの農民工はスマホは持っていても、あまり使い方がわからないので未だに車内で大声で電話していますよ」

 また、「日本人は電車の中だけでなく、普段の話し声も小さくて、紳士的な感じがします」とも語る。「日本にいるときは周囲に合わせて小声で話すようになりました」と誇らしげだった。

 経済発展を続けている中国の大都市では、公共交通機関のホームやバス停で、列に並んで待つ中国人も珍しくなくなった。しかし、そんな彼らも、さすがに「先発の電車」、「次発の電車」と、別々の列にキッチリ3列で整然と並ぶ日本人を見ると、「我々には、とうてい真似できない」と口を揃える。

 日本に留学している友人を頼って個人旅行に挑んだ男子大学生は、「乗客を整理する駅の係員なども見当たらないのに、人々があんなに美しく整列するなんて!」と感動していた。ただホームに指示が書かれているだけなのに、きちんと並ぶ日本人の規範意識の高さに舌を巻く。

 あらゆる階層の人々が入り乱れ、公共交通機関はいつもごった返している中国で、ここまでの整列が見られるのはいつの日になるだろう。

※SAPIO2015年6月号

関連キーワード

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン