• TOP
  • ライフ
  • 乳輪や乳頭を保護する役目のブツブツ 気になるなら切除可能

ライフ

2015.10.28 16:00  週刊ポスト

乳輪や乳頭を保護する役目のブツブツ 気になるなら切除可能

 男女を問わず、自分の体にコンプレックスが一つもないという人は非常に珍しいだろう。美容外科医の上原恵理氏が、乳輪や乳首で悩む人に、その対処法を説明する。

 * * *
 乳輪のぶつぶつが気になるという相談で来られる方もいます。このぶつぶつはモントゴメリー腺といい、乳輪や乳頭を保護するための皮脂などを分泌する機能があります。これが目立って嫌だという方は切除が可能です。

 また、乳首の色を薄くしたいという人には軟膏をおすすめしています。私自身も2週間、片方にだけ塗って試しましたが、明らかに色が薄くなりました。

 妊娠すると乳首の色が濃くなるのは、授乳時に視力の悪い赤ちゃんに乳首の場所を知らせるためなのです。出産後も色の濃さはすぐには元に戻りません。逆に閉経した女性はどんどん薄くなり、乳輪の色がほとんどなくなってしまう方もいます。

 一般的にいわれる美バストとは、日本人の骨格であればC~Dカップくらい。乳腺と脂肪のバランスのうち、脂肪成分が多いほど柔らかいのですが、若い子は乳腺成分が多いので、硬めで張りがあります。加齢とともに脂肪成分が増えるので、柔らかくなるけど下垂していきます。

【プロフィール】上原恵理(うえはら・えり):東京イセアクリニック銀座院院長。大学病院の形成外科・美容外科勤務を経て、平成25年に同院の院長に就任。豊胸や乳房再建の最先端術式を毎年数多く手掛けている。自ら施術も体験して患者の立場に立つという熱血医師だ。

※週刊ポスト2015年11月6日号

関連記事

トピックス