ビジネス

カニ漁獲量が大幅減 ロシアに「カニ・ロンダリング」疑惑も

減り続ける毛蟹の漁獲量

 日本のカニが危ない。漁獲量が年々減り続けているのだ。違法な操業による「カニ・ロンダリング」もその原因のひとつと考えられる。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 寒くなると、冬が旬の海産物にグッと味が乗ってくる。その花型といえば、やはりカニだ。だがここ最近、「カニよ! お前もか!」と言いたくなるような話を耳にする。近年、ウナギやマグロなどで起きた、”水産資源”問題がカニにも起きている。

 今年9月、北海道新聞に「毛ガニ漁獲量18%減 北海道・胆振の太平洋海域、2007年度以降で最少」という見出しが踊った。タラバガニやズワイガニと異なり、毛ガニは北海道では場所を変えながら、通年での漁獲ができる。秋は釧路と根室沿岸、冬は十勝沿岸、春はオホーツク、そして夏は胆振地区(噴火湾)だ。今年の毛ガニ漁は7~8月にかけての42日間行われたが、漁獲枠達成率が76%だったという。

 もっとも、同紙によれば「2007年度からの本格操業では11年度が最高の漁獲量で、漁獲枠いっぱいの370トンを水揚げした。ところが2012年度から漁獲枠を下回る300トン以下の漁獲が続き、2014年度は達成率90%、2015年度はさらに下回った」とあるから、そもそも設定された漁獲枠が生態系のサイクルに見合っていない。

 戦後、日本のカニ漁は漁獲高が活況を呈し、1968年には史上最高の11万7737トンを記録している。ところがその後漁獲量は落ち込み続け、農林水産省の漁業・養殖業生産統計では、2013、2014年と3万トンを連続して割り込んだ。

 現場でも対策をしてこなかったわけではない。北海道の毛ガニは1950~1960年代にすべてのメスと甲長8cm未満のオスの水揚げが禁止された。1991年にも毛ガニかごの網目を大きくするという”対策”は取られている。それでも現在まで、漁獲高は減り続けている。つまり、漁獲高に対して見合った規制対策がとれていないということになる。

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン