芸能

水曜22時日テレとフジドラマ 視聴率僅差デッドヒートの背景

『フラジャイル』と僅差デットヒート中の『ヒガンバナ』(公式HPより)

 水曜22時放送の『ヒガンバナ』(日本テレビ系)、『フラジャイル』(フジテレビ系)が視聴率で、熾烈なデッドヒートを繰り広げている。平均視聴率10%の『ヒガンバナ』に対して、追い上げを見せる『フラジャイル』は9.7%と、その差、わずか0.3ポイントだ。この視聴率バトルの背景について、テレビ解説者の木村隆志さんが分析する。

 * * *
 同じ時間帯に放送されているドラマは、「一方が支持を集めて、もう一方がかなりの低視聴率に苦しむ」というケースがほとんど。しかも同じ1月13日に1話が放送された両作が、7話まで似たような視聴率で推移しているのは異例です。

 ここ2話では『フラジャイル』が上回っているものの、その差はわずか。しかも、ともに視聴率1ケタであることから、「痛み分け」というイメージがあります。

 両作とも、“シンプルなコンセプト”と“サクッと見られる1話完結”という現代視聴者が好むポイントを押さえています。ただ、「女性刑事のチームで事件解決」「日陰に回りがちな病理医の活躍」という目先こそ変えたものの、どちらも刑事モノ、医療モノという人気ジャンル。

 さんざん同じジャンルのドラマを見てきた上に、警察内部や病院内部での対立シーンも含め、既視感を抱いている視聴者は多いような気がします。ともに脚本・演出・演技のクオリティはまずまずであり、はっきりとした差がないため、単純に好みが二分されているのではないでしょうか。

 このような異例の視聴率1ケタデットヒートが生まれているのは、もう1つ原因が考えられます。それは「水曜22時はフジテレビよりも日本テレビのほうが信頼できる」というドラマ視聴者の心理。日本テレビは1991年から24年間に渡ってドラマを放送していますが、フジテレビは2013年4月から。しかも1999年に撤退して以来14年ぶりの復活であり、言わば「一度投げ出した過去がある“出戻り”」なのです。

 そんな経緯もあって、フジテレビが2013年4月に出戻りして以降の視聴率は、日本テレビの9勝2敗と圧勝。さらに日本テレビは現在8連勝中であり、2年間1度もフジテレビに負けていないのです。

 そうしたドラマ視聴者の心理もあって、今期も1話の視聴率は『ヒガンバナ』が11.2%、『フラジャイル』が9.6%と、日本テレビが1.6ポイントの差をつけていました。しかし、視聴者が事件解決のパターンに慣れてしまったのか、徐々に『ヒガンバナ』の視聴率が低下。日本テレビの『ヒガンバナ』がこれまでの作品よりも視聴率が低い分、フジテレビの『フラジャイル』に近づいて、拮抗した状態になっているのだと推察されます。

 ただ、今期限りでフジテレビの水曜22時枠は終了。3年間続いた日本テレビとのバトルも終わりますが、その一方でフジテレビは4月から日曜21時のドラマ枠を新設します。ところがこの枠もかつて、TBSの『日曜劇場』に敗れて2013年3月に撤退した“出戻り”。

「なぜわざわざ同じ時間帯にドラマをぶつけるの?」というドラマファンの声に耳を貸さず、「その時間帯には現在ドラマを見ている人が多いから」というテレビ局の論理を優先させているだけに、今回の出戻りも苦戦が予想されています。もしかしたら、そこでもTBSの『日曜劇場』が不調のとき、今回のような視聴率ひとケタ同士のデッドヒートが見られるかもしれません。

『フラジャイル』も『ヒガンバナ』も飛び抜けて面白いわけではないものの、それなりに見どころのある作品。試行錯誤を続ける現場のスタッフを追い込まないためにも、「ドラマファンを無視した同じ時間帯での放送は避ける」のが賢明だと思われます。

※両ドラマの視聴率の推移(左から1話)
『ヒガンバナ』 11.2―10.6―11.2―10.4―10.0―8.7―8.1  平均10.0%
『フラジャイル』 9.6―10.0―10.0― 9.7― 9.5―9.2―9.8  平均 9.7%

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

関連キーワード

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン