国内

最新国内記事のRSS

ろくでなし子裁判 女性裁判長が判決文読み上げ異様な空気に

2016.05.23 16:00

「『デコまん』が無罪だと聞いて高揚しました! 思いが通じたんだなって」──前代未聞のわいせつ裁判で“一部無罪”を勝ち取った漫画家の「ろくでなし子」こと五十嵐恵被告(44)は、本誌の取材に対し、喜びの声をあげた。  自身の女性器の3次元データ

「『デコまん』が無罪だと聞いて高揚しました! 思いが通じたんだなって」──前代未聞のわいせつ裁判で“一部無罪”を勝ち取った漫画家の「ろくでなし子」こと五十嵐恵被告(44)は、本誌の取材に対し、喜びの声をあげた。

 自身の女性器の3次元データを支援者に配布、さらにそれを象った石膏作品「デコまん」(女性器に着色するなどデコレーションした作品)をアダルトショップに展示したことで、わいせつ物陳列罪などに問われた五十嵐被告の判決が、5月9日、東京地裁で言い渡された。

 3次元データの配布については、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪が認められ、有罪判決(罰金40万円)となったが、「デコまん」は無罪となった。
 
 起訴されれば有罪率は99.9%という刑事裁判において、いかにして無罪が認められたのか。以下、判決を振り返る(〈 〉内は判決要旨より)。

 争点となったのは、「デコまん」がわいせつ物かアート作品か、という点だ。

 被告の複数の作品について、〈表面において、大陰唇、小陰唇、陰核などの女性器部分が露わになっている〉ものの、〈多数のラメ加工がされている〉、〈女性器部分の下部に赤字で「MAX」との文字を表した物が貼られ、その隣には黄色のスマイルマークが貼り付けられている〉、〈女性器部分の外縁には、クリーム・ビスケット・苺・真珠様のものが多数配置されている〉などと説明された。

 その姿から、〈本体各造形物が女性器を象ったものだとしても、一見して人体の一部という印象を与えるものではなく、直ちに実際の女性器を連想させるものとはいえない〉という判断が下されたのである。

 ちなみに公判では、判決要旨にあるような文言を女性裁判長が真面目に読み上げたため、法廷内は異様な空気が流れたという。五十嵐被告が言う。

「判決は“女性器がわいせつというのはおかしい”という私の主張が全く汲まれていません。だから即日控訴しました。控訴審では3次元データについても無罪と認めてもらえるように頑張ります」

※週刊ポスト2016年6月3日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP