芸能

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

久々のマスコミ登場に「顔の雰囲気が変わった…」という声も

 2014年4月9日、大勢の報道陣とカメラの前で「STAP細胞はあります」と、弱々しい声をあげた“あの日”から2年――ついに小保方晴子さん(32才)が公の場に姿を見せた。

《この2年間、本当に命が尽きると感じていました》
《先生からのお手紙を読ませていただいて、まるで心が溶け出したような涙が溢れたのです》

“再起”の場に選んだのは、『婦人公論』(5月24日発売号)。作家・瀬戸内寂聴さん(94才)と対談し、この2年半の胸の内や対談に至る経緯などを明かした。

 対談は7ページにわたり、心身ともに極限の状態で命をつないだ苦しみをこう打ち明ける。

《朝起きると、よし昼まではどうにか頑張って生きよう。昼になると、どうにか夜までは頑張ろう。夜になると、ああ、また明日が来てしまう…》

 対談中、幾度となく涙を流したという彼女を、瀬戸内さんは勇気づける。

《あなたがされたことは、いじめですよ。公のいじめ》《また花が咲きますよ、根がしっかりしているから大丈夫。(中略)あなたは必ず甦る。世の中の先頭に立つ日が必ず来ます》

 今回の対談は、各メディアでも取り上げられたが、多くの読者は違和感を覚えた。そして、彼女の発言以上にその容姿も目をひいた。

 トレードマークでもあった厚めの前髪と盛りスタイルは一変、おでこ全開のゆるウェーブ。つぶらな一重の瞳もクッキリした二重になり、やせたからかあごがシャープに。2年ぶりに目にする彼女の姿に見る人々は「顔の雰囲気が変わった…」とつぶやく。“純白ファッション”についても然り。コラムニストの中野翠さんも「誌面を開いた瞬間、釘付けになった」という。

「まず驚いたのはファッション。ピンクの花の刺繍がほどこされた丸襟つきで、透け感のある白いレースのミニワンピース。足下は細いストラップつきの白いハイヒールという清純少女スタイル。“エッ!? どうしたの”とつい思ってしまう。ハッキリ言って似合っているとは思えない。研究者時代の紺色のワンピースのほうがしっくりと似合っていた。彼女の持つ理知的で清楚な雰囲気を引き立てていました」

 さらに対談の内容についても、首をかしげる。

「寂聴さんはご自身も昔バッシングを受けたという体験と重ね合わせ、“マスコミは初めから小保方さんを悪人として取り上げていた”とおっしゃっていますが、それはちょっと違う。小保方さんは若くてかわいくて割烹着ファッションという異色のスタイルと理系女子には珍しい“スター”として取り上げられただけ。寂聴さんのように世間の無理解の中から強く這い上がってこられたのとはワケが違います。寂聴さんは心が広いから全面的に応援されているのでしょうけどね」(中野さん)

 対談では、《小説の書き方も教えて下さい》と今後についても語った小保方さん。どう甦るのか注目である。

※女性セブン2016年6月9・16日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン