ビジネス

物件の選びのコツ 間取り、予算等の条件に厳格優先順位づけを

損をしない引っ越し術をプロが指南

 立春が過ぎて暦の上では春。4月の転勤、進学、就職シーズンを前に、引っ越し業界は繁忙期を迎えている。物件の入れ替わりが激しく、料金も値上がりするこの時期、上手にすませて、ステキな新生活を始めたい。そこで損をしない引っ越し術を、不動産のプロに聞いてみた。

◆条件の優先順位をつける

 物件探しは、探し始める前に希望条件を整理して、優先順位をつけよう。不動産サポートオフィス代表の秋津智幸さんが解説する。

「『築10年以内』、『間取りは2LDK』『駅から徒歩10分以内』『予算は15万円以内』といった条件は決めていても、何を優先させるのかがはっきりしていない人が多いようです。すべての条件を満たす物件はなかなかないので、探す前に希望条件を出して、優先順位を明確にするのが基本です。例えば、間取りと予算の優先順位が高い場合、距離はある程度妥協してもいいといった具合です」

 陥りがちなのが、不動産業者でいくつもの物件を紹介されて、どれがいいのかわからなくなってしまうパターンだ。

「希望と違う物件を紹介してくる場合もありますが、優先順位が決まっていれば悩むことはありません」(秋津さん)

◆不動産業者に足を運ぶ

 優先順位をはっきり決めたら、いよいよ物件探し。全国の物件をネットで検索できる時代だが、繁忙期の物件選びは、不動産業者に足を運ぶのがポイントだと秋津さんは言う。

「お店には、来月末に退去するといった連絡が直接入る物件もあります。退去の連絡が来たその日から、物件を紹介することができますが、広告用のチラシを作ってネットに載せるまでに1、2日かかってしまう。この時期はネットに載せるまでに決まってしまうことも多いです。直接足を運ぶと、退去が決まったばかりの物件を紹介してもらえることがあります」

◆チラシの見方

 部屋探しで必ず目にする広告チラシ。敷金、礼金、家賃はもちろんのこと、その他や諸費用の欄も確認しよう。

「エアコン清掃料、クリーニング料、鍵の交換代、町内会費などの費用は《その他》や《諸経費》の欄に書いてあります。書かれていない場合は確認しましょう」(秋津さん)

 不動産投資コンサルタントの長谷川高さんは「部屋の方角や駅からの距離は、自分で確認してほしい」と指摘する。

「矢印の方位が間違っていて、西向きだと思っていた部屋が、実際は北西でほとんど日が入らないこともあります。安い方位磁石を買って、測った方がいいですね。駅からの距離は80m=1分の計算ですが、実際に歩いてみてください」

※女性セブン2017年3月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン