ライフ

上手な食器の洗い方 「洗い桶」を使って洗剤使いすぎ防止

洗剤のエキスパート、茂木和哉さん

 毎日のように洗っている食器だが、ただなんとなく洗っている人も多いのでは? そこで、自身の名を冠する水あか洗剤『茂木和哉』は累計100万本の売り上げを突破した洗剤のエキスパート、『きれい研究所』社長の茂木和哉さんに、効率的な食器洗いの方法を聞いた。

 調理の後の鍋や食後の食器汚れは、食器洗い用洗剤の使用量に注意が必要だという。

「食器洗い用洗剤には、界面活性剤が入っており、ついたばかりの汚れなら、軽く泡立っている状態で簡単に落とすことができます。しかし、たっぷり洗剤をつけすぎて、泡を落とすのに時間がかかる人が意外と多いんです」(茂木さん・以下同)

 最近は、見た目の問題で洗い桶を使わない人も多いようだが、洗剤の使いすぎ防止には桶を使った浸け置き洗いがおすすめだ。

 油汚れやカレーなどのひどい汚れは、まず新聞紙などで拭き取ってから、洗い桶に浸け置き、まとめて洗うと簡単にきれいになるという。

 具体的な桶の使い方は、次のとおり。

【1】洗い桶に20~30℃のぬるま湯を入れ、食器洗い用洗剤を数滴たらして軽くかき混ぜ、少し泡立つ状態にしてから、食器を入れる。

【2】桶のお湯につけたまま食器をスポンジで洗い、洗い終わった食器は桶の外におく。

【3】桶の水を捨て、そこに【2】を戻し、桶で水を受けながら、食器を1個ずつ水ですすぐ。

 当たり前のようだが、洗い桶の中で洗えば、泡切れも早くなり、時短になるのだ。

◆除菌&漂白にも洗い桶を利用

 また、洗い桶は場所をとるから使いたくないという人もいるが、食器洗い以外にも使えて便利。洗い桶にぬるま湯と漂白剤を入れ、食器やふきんなどを浸けておくと、一度にたくさんの除菌&漂白が可能に。米のとぎ汁やパスタのゆで汁などを桶にため、そこに食器を浸けておくと汚れを落としやすくなる。

◆手に合わない食器用洗剤は洗濯に回す

 毎日のように使う食器洗い用の洗剤だが、使っているうちに手荒れが気になったり、好みの香りではない場合などで、残りの処分に困るもの。

 そんな時は、衣類についた食べ物汚れの部分洗いや、洗車用洗剤として使うのがおすすめだ。

「衣類についたソースなどの汚れは、食器用洗剤を数滴なじませ、部分洗いをしたのち、通常通り洗濯機で洗うといいですよ」

※女性セブン2017年5月25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン