• TOP
  • ビジネス
  • 2分に1個売れるエコバック “あるもの”が発想のヒントに

ビジネス

2018.06.05 16:00  女性セブン

2分に1個売れるエコバック “あるもの”が発想のヒントに

大人気のたためるエコバッグ『Shupatto』

 今や2分に1個売れているエコバッグ『Shupatto(シュパット)』シリーズをご存じだろうか。2015年11月の発売以来、「一気にたためるエコバッグ」として売れ続けている商品はどんなアイディアから生まれたのか? 実は、思いもよらない“あるもの”が発想のヒントとなっていた──!

 エコ意識の向上やレジ袋有料化の流れの中ですっかり定着したエコバッグだが、いちいちたたむのが面倒だと感じている人は多い。そこで、生活雑貨メーカーのマーナが「一気にたためる」エコバッグとして開発したのが『Shupatto』シリーズだ。

 特徴は、バッグの両端を引っ張るだけで帯状に収縮し、それをくるっと丸めることで簡単にたたむことができるということ。『Shupatto』という商品名も、引っ張る時の「シュパッ」という心地いい音に由来している。

 従来のエコバッグはレジ袋のように四角い形をしているものや、トートバッグ状で、使わないときは折りたたんで持ち運ぶことが多い。マーナでは、この折りたたむという手間を逆手に取り、最初から折り目をつけて簡単にたためるものを目指した。

 開発の方向性は決まったものの、具体的にどうやって一気にたたませるのかで、開発担当者は頭を悩ませていた。そこで一役買ったのが、開発担当者が自社の物流センターで目にしていた“あるもの”だった。

 それは、検品作業時に衛生管理のためにかぶる不織布の帽子。この帽子は使い捨てで、使用前は蛇腹に折りたたまれ細長い帯状になっている。それを広げると帽子になるのだ。ここから引っ張るだけでたためるという発想のヒントを得た。

 こうして発売された『Shupatto』Mサイズはまたたく間にヒット商品となった。耐荷重が5kgで普段の買い物はもちろん、スポーツジムの着替えや旅行のサブバッグとしても使える。続いて発売したLサイズはレジカゴにかけられるBIGサイズ。週末のまとめ買いにも対応できる。

 また、ポケッタブルサイズはその名の通り、たたむと一辺が約6cmまで小さくなり、ポケットに入れることもできる。小さいが、500mlのペットボトルなら6本も入るサイズで、単身者の毎日の買い物には充分な容量となっている。

『Shupatto』の価格設定は、Mサイズで1980円と、エコバッグとしてはやや高額だが、サブバッグとしての使い勝手やカラーバリエーションでファッション性を打ち出すことで、子育て世代や働き盛りの忙しい女性を中心にヒット。

 さらには「シュパッ」とする技術を応用し、トラベル用のショルダーバッグやリュックサック、ボストンバッグも展開した。荷物の多くなりがちな旅行でも、使わないときにコンパクトに折りたためるサブバッグは重宝されるというわけだ。

※女性セブン2018年6月14日号

関連記事

トピックス