ビジネス

篤姫様の婚礼道具にもなった! 「薩摩切子」の今昔物語

カットによりさまざまに変化するデザイン

 NHK大河ドラマ『西郷どん』で注目を集めている鹿児島県。その北部にあるさつま町は、薩摩切子(さつまきりこ)のふるさとでもある。

 ガラスの表面が綿密にカットされ、色のグラデーションが美しい薩摩切子。初めて作られたのは“西郷どん”の時代にさかのぼると、『薩摩びーどろ工芸』広報の上えりかさんは言う。

「1846年、薩摩藩の第10代藩主・島津斉興が製薬館を創設。江戸から職人を招いて薬品用のガラス器づくりを始めました。その後、1851年に島津斉彬が11代藩主に就任したのを機に、海外との貿易品として“薩摩切子”の製造が始まり、日本で初めて紅色ガラスの発色に成功しました。当時の日本は欧米諸国から開国などを迫られていた時期、薩摩藩でもさまざまな産業が行われていたのです」(上さん・以下同)

 薩摩切子は、当時、篤姫の嫁入り道具にも使われたといわれており、今では鹿児島県を代表する工芸品の1つだが、30年以上前までは、幻の存在となっていた。

「斉彬が急逝後、薩摩切子の産業は縮小されました。また、1863年に起きた薩英戦争で、薩摩はイギリスから攻撃を受け、多くの薩摩切子の工場消失につながります」

 薩摩切子が盛んに作られていたのは、わずか20年足らずというが、1975年、長らく途絶えていた技術を大阪の『カメイガラス』が職人を集めて復元。そして今から30年ほど前の1989年には、鹿児島でも当時、わずかに残っていた現物や資料をもとに、再び職人たちが薩摩切子を復元し、今に至る。職人は比較的若く、30代が中心。斬新なデザインも豊富だ。

「薩摩切子の特徴は、色のぼかしにあります。透明なガラスに厚さ1~2mmの色ガラスをかぶせて、カットを施すことで、色のグラデーション、つまり、ぼかしがつくのです」

 ぼかしはカットの深さや大きさによって変わるため、ダイナミックなものから、繊細なものまで、さまざま。

「現在は、伝統的な技術を受け継ぎつつ、薩摩黒切子・薩摩ブラウンなどの新しい色やカットなどの文様も取り入れ、現代的な薩摩切子の製作も行っています」

 時代の流れにより、進化を続ける薩摩切子。赤や青などカラフルなものが主流だが、最近は、黒一色の薩摩黒切子も人気だ。

※女性セブン2018年8月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン