国内

東北6県で作られる「伝統こけし」地域により顔立ち、形違う

1984年5月に開館した『みやぎ蔵王こけし館』には約100体の東北こけしが勢ぞろい

 宮城県仙台市から車で約70分。宮城県と山形県の県境にある蔵王連峰の東麓に位置し、遠刈田温泉などがある蔵王町。古くから湯治場として人々を癒してきた場所で、こけし発祥の地としても知られている。同町にある『みやぎ蔵王こけし館』には、こけしや木の玩具が5500点ほど展示されている。これは世界一の数だ。

「こけしには伝統にのっとった作り方をする“伝統こけし”と、これをもとにして発展した“新型こけし”があります。東北6県では、11系統の伝統こけしが作られており、地域によって顔立ちも形もまったく違うのですよ」(みやぎ蔵王こけし館広報担当者・以下同)

 代表的なものには、頭にベレー帽をかぶったような“弥治郎系”、首がキュッキュと音を立てて回る“鳴子系”、子供の遊び人形だった頃の原形に近い細い胴の“作並系”などがある。

「宮城県のこけしは、今から約200年前に、鳴子とここ、蔵王町遠刈田で生まれたといわれていますが、県内には生産地も多く、国の伝統工芸品にも指定されています」

 東北地方には戦国時代から、ろくろを用いて椀や盆などの木工品を作る「木地師」と呼ばれる職人がいた。彼らが仕事の合間にむくの木で“木地人形”と呼ばれる人形を作り、子供に与えていたのが、こけしの原点といわれている。

「木地人形は着せ替え人形のような存在だったようです。こけしが一気に発展したのは江戸末期。湯治の習慣ができた頃で、温泉のある地域で土産物として売られており、さまざまな形が作られるようになりました」

 作り手によって、顔や胴の部分の描き方に若干の違いがあるものの、伝統的な手法で作られるこけしは、長い時を経ても色あせることはない。今では宮城県のシンボルとして、さまざまな形で継承されているが、LINEスタンプのキャラクターなどでも、人気を得ている。

※女性セブン2018年9月6日号

関連キーワード

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン