ライフ

入れ歯を口に入れたまま歯磨き、口臭や誤嚥性肺炎の要因に

トラブルの種はいろいろ(撮影/岩澤倫彦)

 日本で「入れ歯」を使っている人は2000万人超と推計され、毎日の生活に欠かせない存在だが、入れ歯で注意しなければならないのが、「火傷」だ。

 保険で作る入れ歯はプラスチック系素材であるレジン製で、一定の厚みがあるため、飲み物や食べ物の熱さに鈍感になってしまうのだ。それを知らずに、飲み込んで咽頭や食道を火傷する場合がある。

 入れ歯を口に入れたまま、歯磨きのようにブラシでゴシゴシと洗う人がいるが、歯肉部分のレジンは柔らかい素材なので、強くこすると細かい傷が付く。そこにカンジダ菌などが繁殖して、入れ歯特有の不快感の強い「口臭」となるのだ(※注)。

【※注/入れ歯の歯肉部分のレジンと歯に充填するレジンの強度は大きく異なる】

 さらに、繁殖した細菌は「誤嚥性肺炎」の要因にもなるので、入れ歯は必ず外して専用洗浄剤を使い、優しくブラッシングするべきだ。

 他人と会話中に、ポロッと「入れ歯が外れる経験」をした人、ヒヤッとした人は少なくないだろう。

 総入れ歯の場合、口腔内の粘膜が唾液で濡れた状態を利用して、吸着させている。しかし、最近は入れ歯が吸着しない患者が増えていると、ベテラン開業医の坂詰和彦氏は指摘する。

「糖尿病や高血圧などで、何種類もの薬剤を服用していると、副作用で“ドライマウス”になる人がいます。そうなると、入れ歯は吸着しないので、外れやすくなるのです。服用薬を減らすことで改善することもありますが、必ず主治医に相談してください」

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト・『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン