国内

人気の世田谷区立中は社会規範遵守を徹底、鍵紛失に警察通報も

校則がない分、社会規範を徹底順守させていると語る校長(撮影/浅野剛)

 いじめが激減、校内暴力も消え、有名校進学数も平均学力も区のトップレベル。私立中進学率の高い世田谷で「越境してでも行きたい」と人気の公立中学校がある。それは、東京都世田谷区の区立桜丘中学校だ。

 桜丘中学校は、チャイムも鳴らなければ、服装も自由。校則をやめたことで知られている。 授業の中でも、英語で巻き寿司の作り方を教わったり、理科の実験では3Dプリンターで心臓を作ったりとユニークだ。

 桜丘中では、生徒会で決まったことは必ず実現できるよう教員が全力でサポートすることになっている。

 先日の生徒総会では、定期テストの廃止、自動販売機の設置、校庭の人工芝化、体育館の冷房化が決まった。同校の西郷孝彦校長(64才)はこう語る。

「重要なのは、まず自分の意見をみんなの前でもきちんと言えること。定期テストを廃止してほしいと思う生徒の意見に対して、テストが得意な生徒はテストの結果で自分を評価してもらいたいと考えるかもしれません。定期テストの廃止に反対するなら、その時、勇気をもって声をあげないとダメだったということにも、気づいてほしいのです」

 政治や社会の出来事に無関心で他人事のように考えている大人が多い中で、しっかりと自分の意見を表明できる大人に育ってほしいと西郷校長は言う。

「校則がないから、先生が生徒を指導する際は『〇〇という理由でこうしなさい』と説明するしかなく、それを聞いた生徒は、その理由が正しいのかどうかを考える必要があります。時には先生によって見解が異なるでしょうが、その場合も、生徒はどちらが正しいのか自分の頭で判断して行動します。難しいようですが、社会に出たら自分で判断するのは当たり前のことですよね」(西郷校長、「」内以下同)

 また、校則がない分、社会の決まりはしっかり遵守させる。

「普通の学校なら器物を壊した時、故意でなければ許される場合が、ここでは原則すべて弁償です。極端な話、生徒同士がけんかして相手にけがをさせてしまったら傷害事件、勝手に人のモノを取ると窃盗罪になる可能性もあります。先日、ある生徒の鍵がなくなった時は、警察に連絡を取りました。“学校の中だから許される”なんてことは、この社会にはあり得ないのです」

「わが校で警察沙汰などにしたくない」と考えるのが、ほとんどの大人の思考だろう。だが、大人だからこそ、社会のルールがなんたるかを教える責任があるのだ。

※女性セブン2019年3月14日号より一部抜粋 

関連キーワード

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン