ライフ

森永卓郎、激しいかゆみ&足がパンパン 重度の糖尿病だった

かゆみの原因は重度の糖尿病だった

「ふくらはぎがかゆくて、かいても治まらなくて、かき続けるうちに、今度は脚がパンパンに腫れ上がってしまったんです。歩けないほど痛かったけれど、忙しくて病院へ行く時間もとれないものだから、応急処置として脚を包帯でぐるぐる巻きにして、片足跳びで移動しながら、ラジオやテレビに出演していました」

 経済アナリストの森永卓郎さん(61才)が激しいかゆみに襲われたのは、2009年12月のことだった。当時、多忙を極めていた森永さんは、寝る暇もなかったという。

「しばらくは“片足ケンケン”のまま仕事をしていたのですが、応急処置をしてくれた医師から『一度きちんと検査を受けた方がいい』と言われたんです」(森永さん)

 ようやく時間を捻出して病院へ行ったところ、下された診断は重度の糖尿病だった。

「今振り返れば、歩けなくなるずっと前から、のどが異常に渇いたり、手足がしびれたりするといった自覚症状はありました。特にのどの渇きはひどくて、ペットボトルのドリンクを手放せず1日4~5リットルは飲んでいました。まさか糖尿病だとは思わなかったので、それもコーラやジュースばかり…」(森永さん)

 病院で測った血糖値は400mg/dL。過去1~2か月の血糖値の平均値を示すHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)は11.4%もあった。血糖値126mg/dL以上、またはHbA1cが6.5%以上で糖尿病の疑いがあると診断されるので、森永さんはかなり重い症状だったといえる。

 診断後はすぐに治療を開始。ダイエットにも取り組んだ結果、血糖値は低下した。今は薬ものまなくていいほどの値に安定し、健康体を取り戻している。だが森永さんは、ならではの悔しさをにじませる。

「糖尿病になったことで負った経済的損失はかなりのもの。治療中は、薬代や注射代などで月8000円ほどかかってしまった。もっと早く、兆候に気がついていれば…」(森永さん)

 医療ジャーナリストの市川純子さんは「糖尿病というと男性患者が多いイメージだが女性でも気が付きにくい場合がある」と指摘する。

「森永さんの言う“のどが渇く”という兆候は、更年期世代でもよく見られるため、糖尿病だと気がつけずに、見過ごしてしまう女性も少なくないのです」

 体の一部に強い痛みがあったり、高熱が続いたりすれば「早く楽になりたい」「悪い病気かもしれない」と考えてすぐに病院を受診する。一方で「かゆい」「のどが渇く」といったささいな体の変化なら、忙しさにかまけてつい後回しにしてしまいがちだ。

「しかし、いつもと違う体調の変化に気がつけるかどうかが、生死の分かれ目になることもある。病気の兆候を知っておくことは、自分の命を守ることにもつながるのです」(市川さん)

※女性セブン2019年4月11日号

関連記事

トピックス

オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
ドラマ単独初主演キンプリ高橋海人「キュンとするシーンも楽しめるようになってきました」
女性セブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト