ライフ

重病サイン 肩こりは狭心症の疑い、むくみの原因は腎不全も

肩こりには大きな病気が潜む可能性が(写真/PIXTA)

「もしもっと早く気がついていれば…」。大きな病気を経験した人はそう口を揃える。そして、このように続ける。「今思えば、ちょっとおかしかったんですよね」と。その「ちょっとおかしい」に気がつけるかどうかは、まず何が病気の兆候かを知ることから始まる。ちょっとした症状が、病気のサインとなっていることもあるのだ。

 たとえば「肩こり」などは、あなどれないという。小倉記念病院循環器内科主任部長の安藤献児さんは、肩こりを訴える人が狭心症を発症していたケースがあると注意を促す。

「マッサージや整体に通っても改善されず、整形外科を受診しようと思っていた矢先に息苦しさに襲われ、搬送されてきた人がいました。狭心症の場合は、左肩のこりや痛みに加え、奥歯の痛みやのどの締め付けなど顎まわりの違和感を訴える人が多いのです」

 普通の肩こりとの分かれ目は「痛みが引くかどうか」だという。

「普通の肩こりなら、肩を動かすと常に痛かったり、腕が上がらなかったりします。一方で狭心症は、急に左肩に痛みがきて、数分でスッと引くのが特徴です。階段を上るなど運動をした時に左肩がだるくなるが、安静にしていると治る場合は狭心症の疑いがあるので、循環器内科を受診してください」(安藤さん)

 経済アナリストの森永卓郎さん(61才)は2009年12月、激しいふくらはぎのかゆみを覚え、かき続けていたらパンパンに腫れてしまったのだという。そして、検査を受けてみたところ、重度の糖尿病だったというのだ。そんなケースもあるように、「かゆみ」も重病と関係していることがある。医療ジャーナリストの市川純子さんはこう話す。

「糖尿病の他に、腎機能の低下なども考えられます」

 長時間の立ち仕事やオフィスワークで、脚のむくみに悩む女性は少なくない。そもそもむくみとは、細胞と細胞との間にある体液が、何らかの理由で増えてしまった状態だ。島医科大学会津医療センターの総合診療医である山中克郎さんが解説する。

「全身がむくむのは、心不全、腎不全、肝硬変が原因であることが多い。心臓や腎臓の働きが弱くなり、体内に水がたまっていくためむくみます。徐々に進行するため、病状が悪化してから見つかることが多いのです」

 脚が急にむくんだ時も、注意が必要だ。

「片側の脚の膝から上が急にむくんだ時は、脚の静脈に血栓ができる深部静脈血栓症の恐れがあります。放置すると、血栓が肺に飛んで肺塞栓を引き起こし、死に至ることもあります」(山中さん)

※女性セブン2019年4月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン