• TOP
  • ライフ
  • 名古屋の名店 備長炭で焼き上げる絶品“青うなぎ”

ライフ

2019.07.02 07:00  週刊ポスト

名古屋の名店 備長炭で焼き上げる絶品“青うなぎ”

名古屋の名店 備長炭で焼き上げる絶品“青うなぎ”

 名古屋を代表する味覚のひとつ、ひつまぶし。「鰻う(うなう) おか冨士」は、今年ミシュランガイドのビブグルマンを獲得した鰻の名店「炭焼 うな富士」から暖簾分けし、2018年にオープンした。

 背が青く、肉厚で脂がのった“青うなぎ”を、生の状態から備長炭で一気に焼き上げる。蒸さないため、外はパリッと、中はジューシー。養殖鰻全体の2割しかいない脂ののった“青うなぎ”を炭火焼することで、余分な脂が落ち、旨味が凝縮される。

 看板メニューは、5~6匹分の肝焼きがたっぷりのった「肝入り上ひつまぶし」(5450円)。1杯目はそのまま、鰻と硬めに炊かれた米のハーモニーを味わう。2杯目はネギやワサビなどの薬味でさっぱりと。3杯目は出汁をかけて茶漬け風に。最後の1杯は好みの味で食べるのが名古屋流。

脂がのった「青うなぎ」を炭火焼きに

かまぼこの上に鰻がのった「うなぎの枕」(800円)

御園座タワーに立地する

■鰻う おか富士
住所:名古屋市中区栄1-6-15 御園座タワー1階
営業時間:11時~14時、17時~22時
定休日:不定休

●取材・文/戸田梨恵、撮影/内海裕之

※週刊ポスト2019年7月12日号

関連記事

トピックス