ライフ

トンカツの新潮流 「ロゼ色肉」から「銘柄豚食べ比べ」へ

『成蔵』のトンカツは「ロゼ色」に輝く(撮影/中庭愉生)

 今やすっかり日本食として定着しているとんかつだが、近年、大きな変化が起きているという。フードライターの松浦達也氏が現状を解説する。

 * * *
 とんかつは、明治時代に創業の洋食の老舗店である銀座の「煉瓦亭」や上野の「ぽん多本家」が出したカツレツが元祖と言われています。

 当時は政財界の人向けの高級食。大正時代後期以降に大衆化が図られるも、戦後高度成長期までは庶民が気安く外食する気風はありませんでした。

 とんかつ事情が大きく変わったのはここ10年ほど。高田馬場に開店した「成蔵(なりくら)」(現在は南阿佐ヶ谷に移転)が分厚い肉で中はロゼ色というとんかつを出して以降、肉や揚げ方にこだわった専門店が次々に登場します。

 一方、チェーン店はリーズナブルなとんかつに乗り出し、現在は高級路線とお手頃路線の二極化が進んでいます。高級路線では、高田馬場の「とんかつ ひなた」や銀座の「銀座かつかみ」のような部位食べ比べを提供する店が増えてきています。

 最新事情で言うと、銘柄豚の食べ比べが人気になりつつあります。すでに前出の「成蔵」などでは数種の銘柄豚のとんかつを友人同士で取りわける光景が見られるようになりました。

 とんかつが多様化し、食文化としても完全に定着した今、これからの進化も楽しみです。

『銀座かつかみ』の「夜のBコース」では希少部位のナカシン(右)が味わえることも(撮影/岩本朗)

※週刊ポスト2019年10月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト