国際情報

ラグビー・アイルランド代表に立ちはだかるブレグジットの壁

イギリスのEU離脱はラグビー・アイルランド代表にも影響するか(AFP=時事)

 ラグビー日本代表がワールドカップ第2戦で演じた4年ぶりのジャイアント・キリング。敗れたアイルランド代表は、今後、イギリスのブレグジット(EU離脱問題)の趨勢に左右される可能性があるという。どういうことか。歴史作家の島崎晋氏が解説する。

 * * *
 ラグビーのワールドカップで世界ランク10位の日本が2位のアイルランドに勝利。過去の対戦成績が日本の全敗であったこともあり、このニュースは日本国内どころか、ラグビーが普及している世界中の国々で大きな反響を呼び起こした。

 だが、筆者は試合前の様子に少なからぬ違和感を覚えた。国歌斉唱が行なわれているはずの場面で、アイルランド代表の表情がぎこちなく、歌っていない選手のほうが多かったように見えたのだ。

 実はこれには理由があった。クリケットと同じく旧英連邦で盛んなラグビーのアイルランド代表はサッカーのそれとは違い、アイルランド共和国と英国領北アイルランドの選抜メンバーからなる混成チームで、流されていた歌曲はアイルランドの国歌でも英国のそれでもなく、南北合同代表チーム専用の歌曲だったのだ。

 長らく英国の植民地下に置かれていたアイルランドが完全独立を果たしたのは1949年のこと。それより早く1922年には自治領に昇格していたが、プロテスタントが多数を占める北東部6県は英国領北アイルランドとして留め置かれ、1949年の共和国成立以降もその状況に変わりなかった。

 英国本土である大ブリテン島からアイルランドへの入植が本格化したのは清教徒革命を指導したクロムウェルが護国卿(在任1653~1658年)として全権を握っていた時期のことで、プロテスタントがアルスター地方に集中したのは単純に海の玄関口であるベルファスト港がそこにあったことに拠る。

 大ブリテン島では宗教改革の影響のもと、イングランドでは英国国教会、スコットランドでは改革派の流れを汲む長老派が多数を占めていたのに対し、アイルランド人の間ではカトリックの優位が揺らぐことなく、英国に併合されてからも改宗する者はほとんどいなかった。

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
【相続の備え】お盆こそ親子で話せる絶好の機会、事前に話し合っておくべきこと
マネーポストWEB