ライフ

間違った家事の習慣 布団を叩く、ジーンズは洗わないなど

布団を干した後の布団叩きはNG(イラスト/こさかいずみ)

 日々の家事のなかで当たり前だと思ってやっていることが、実は間違っていることも多い。そこで、実はそうするべきではない…という家事の習慣を紹介する。

◆「布団を干したら布団たたきで叩く」はNG?

 布団を干した後、布団叩きで叩くのはNG。その理由をアース製薬担当者は「布団を叩くことでダニの死骸やフンが細かく砕かれて、ハウスダストの原因になってしまいます」と話す。ほこりやダニの駆除には、掃除機をかけるのが効果的だが、ダニが生きていると布団にしがみついて吸い取れない場合もある。

 まずは、ダニ退治スプレーなどで死滅させてから、掃除機で吸い取るのが基本だ。

◆「掃除機をかけるときは窓を開ける」はNG?

 掃除機をかける時、換気のために窓を開けている人も多いはず。「でも、それは逆効果」と、節約・消費生活アドバイザーの丸山晴美さんは言う。

「窓を開けるとほこりが舞い上がってしまいます。掃除機をかけるベストタイミングは朝いちばん。家族が寝静まった夜間にほこりは床に落ちるため、窓を閉めたまま静かに掃除機をかければ吸い取れます」

 朝いちばんが難しかったら、なるべく活動前の午前中に行おう。最近は排気がきれいな掃除機も増えている。掃除機選びも重要だ。

◆「ジーンズは洗わない」はNG

 ジーンズ好きの間で都市伝説のように広まっているのが、「ジーンズは洗ってはいけない」という説。

「色落ちや型崩れを気にしてジーンズを洗わない人もいるのですが、汗や皮脂汚れが残ったままはき続けると生地が劣化し、ジーンズも長持ちしない。色落ちを抑えて汗や皮脂汚れをきれいにするなら、裏返して洗う方が結果的にお得」(丸山さん)

◆「布団は朝から夕方まで干す」はNG

 日差しがあっても、夕方まで布団を干すのは間違い。管理栄養士・睡眠改善インストラクターの篠原絵里佳さんはこう話す。

「季節によって異なりますが、朝夕は湿度があるので、10~14時頃に干すのがベスト。紫外線も強いので殺菌効果があり、片面1~2時間ずつ干すのがおすすめです」

 また、布団が干せない時は、起きてすぐ布団をたたまないように気をつけたい。

「寝ている間にかなり汗をかいているので、掛け布団を外して20~30分敷いたままにして乾燥させてから片付けましょう」(篠原さん)。

◆「洗濯機のふたは普段、閉めておく」はNG

「洗濯機のふたを閉めておくと内部の湿気が逃げないので、雑菌の繁殖やカビの原因になります。使わない時はふたを開けて内部を乾燥させることで清潔さを維持しやすくなります」と言うのは、家電コーディネーターの戸井田園子さん。

 ただし、ドラム式洗濯機の場合はふたを開けっ放しにしておくと邪魔になったり、子供の事故につながることもあるので、洗濯の最後の回に乾燥機能を使って、内部を乾燥させると安心だ。温度などは洗濯機の機能で臨機応変に。

※女性セブン2019年10月31日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン