ライフ

墨田区吾妻橋で30年ぶりに復活した家族のような店で角打ち

江戸時代は造り酒屋、明治16年から酒を販売。家族のような温かさで肩ひじ張らずに飲める下町の老舗だ

 隅田川にかかる朱色の橋を渡ればすぐ浅草という下町、本所吾妻橋にある老舗『明治屋酒店』は、一昨年30年ぶりに角打ちを復活。

 江戸時代は造り酒屋として、明治16年からはお酒の小売りをはじめ、角打ちは下町の酔客に親しまれてきた。

「あたし永遠の二十歳よ」と笑い、「昔は、升に焼酎注いでコップに開けて、梅シロップをちょいとたらして。ちっちゃい体で一升瓶持ってさぁ。氷もない時代の話よ」と軽快に語る気風のいい福田美加さんが切り盛りする。美加さんは、ちゃきちゃきの下町育ち、幼いころから角打ちの風景を見つめてきた。

 長年封印していた角打ちだが、2018年に店を改装して際に復活させた。時を経てよみがえった角打ちには、この日もひっきりなしに客が訪れる。

「1周年記念には、1人3杯まで1杯100円で飲めるイベントを開催したところ好評で大行列だったのよ」と美加さん。服を着替えてまた並ぶ客もいたとか。

「昔はガラの悪いお客さんも多かったけど、いまじゃあタクシーで乗り付ける人もいて、時代も変わったよね」と語る。

「ママ(美加さん)とお兄さんとお嫁さんでやっていて、家族的でピース。温かく迎えてくれるんですよね。常連客も手伝って皆で支え合っている。アットホームで肩ひじ張らずに飲める店」(40代、自営業)

「ママの人柄がいいからみんなが集まってくる。ずっと地元にいて引っ越しちゃったのにまだ通っている(笑い)。酒は安いしつまみもウマい。ピリッと辛いこの帆立のチャンジャが好きだね」(50代、ビル管理)

 奥の酒屋とはアコーディオンカーテンで仕切られている角打ちスペースは、壁の両側にテーブルが設えてある。すれ違うのがやっとといううなぎの寝床なのだが、ひじが触れ合う距離で飲む常連客は、いつしかお花見やボーリングに連れ立つほどの仲に。

「ここに来れば誰かしら知り合いがいるからホッとしますね。女1人でも入りやすいんです。女ばかりでママと閉店間際まで飲んでいることもあります」(40代、建設業)

 明るい美加さんを中心に客たちが家族のような一体感を醸し出す。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン