ライフ

5才の息子が“裸”を検索したらどうするか? 正しい性教育

産婦人科医で性科学者の宋美玄さんが、ケース別「適切な性教育」を解説(イラスト/ユキミ)

 どうしても「性教育」を避けてしまいがちな親も多いだろう。しかし、子供が性に興味を持つのは当然のこと。いくら親が、「子供は純真無垢なんだ」と思い込もうが、いつかは“大人”になるのだ。それを理解し、きちんと教えないとならない場面に遭遇したとき、親としてどう対応すべきか。産婦人科医で性科学者の宋美玄さんが、ケース別で適切な家庭の性教育を教える。

【教えてくれたのは…?】
◆宋美玄さん/産婦人科医、医学博士、性科学者。日本新生児周産期学会会員、日本性科学会会員。近著に『産婦人科医 宋美玄先生が娘に伝えたい 性の話』(小学館)。

【ケース1】5才の息子がタブレットで女性の裸を検索していて…見せないようにブロックすべきですよね!(30才・派遣社員)

 5才頃から、男の子は女性の体に興味を持つケースが多い。正常な成長過程と捉え、ことさら神経質になる必要はないという。

「絵本などを使い、男女の体の仕組みと、女性と接するときの基本的な姿勢を教えておきましょう」(宋美玄さん・以下同)

 ネットの画像は刺激が強いというなら、自分が教えやすく、子供が受け入れやすい絵柄や内容のものを選び、一緒に学ぶといい。

【ケース2】3才の娘はお風呂のとき、夫のアソコを触りたがるんです(30才・パート)

 幼い子が、自分の体にはない“モノ”に興味を示し、触りたがるのはよくあること。

「一般的に子供は3才頃から異性の体に興味を持ち始めます。このときこそ、プライベートゾーン(男女ともに水着で隠す部分)について教える好機。水着を着ている部分は、触ってはいけないし、触らせてもいけない。触るのは相手を傷つける行為なんだと教えて」

【ケース3】知らない間に、7才の子供同士が性器の見せ合いっこを…(35才・会社員)

 友達の子供同士が体や性器の見せ合いをしていたら、ショックのあまり叱りつけたいところだが、「あくまで冷静に対応を」と宋さんは言う。

「怒らず、冷静な口調で“やめなさい”と言いましょう。裸は他人にむやみに見せてはいけないし、性器はとても大切な部分だと伝えることが大切。頭ごなしに叱ると、隠れて性的な行動をする可能性があります」

【ケース4】14才の息子が自慰行為のときにシーツを汚します。自分で洗濯してって言いたい…(46才・主婦)

 多くの男の子が12才頃に精通を迎え、自慰行為を行うようになる。ちょうどこの頃は反抗期ということもあり、黙って洗濯をしているという母親が多いようだが…。

「父親や親戚など、息子さんと身近な存在の男性に相談し、自分で洗うよう伝えてもらいましょう。その年齢の男の子に母親が教えるのは、子供にも苦痛になり、トラウマになる可能性も」

※女性セブン2020年4月23日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン