• TOP
  • 芸能
  • 『家政夫のミタゾノ』P、「新作でも変わらぬ世界を楽しんで」

芸能

2020.04.11 16:00  女性セブン

『家政夫のミタゾノ』P、「新作でも変わらぬ世界を楽しんで」

恐怖の家政夫が帰ってきた!!

 一度見たら忘れることのできない“最恐の家政夫”が帰ってきた! 2016年に第1シリーズが放送されて以来、2018年、2019年と制作されてきた人気ドラマ『家政夫のミタゾノ』。その第4シリーズとなる最新作が、4月24日にスタートする(テレビ朝日系、毎週金曜23時15分~)

 松岡昌宏(43)扮する女装家政夫・三田園薫は、その観察力と脅威の身体能力で今回も派遣先の家庭に潜む「秘密」をあぶり出し、再生させていく。ミタゾノさんが披露する家事テクや、パロディーなど小ネタも満載だ。

 注目の第1話は、こんなあらすじだ。道端に落ちたゴミを拾いながら超高速で走るミタゾノさんのもとに、むすび家政婦紹介所所長の結頼子(余貴美子・63)から依頼の電話が。ミタゾノは依頼人である次期環境大臣に内定している岩瀬和夫(尾美としのり・54)の自宅へ向かうが、早速クローゼットなどを物色し始め…。

 プロデューサーを務める秋山貴人さんは、『家政夫のミタゾノ』の魅力についてこう語る。

「ミタゾノと言えば、どのシリーズも世相を反映した内容になっていますが、今回の第4シリーズも、平成の終わりから令和元年に起きた出来事をこれでもかと詰め込みました! 変わらない“ミタゾノワールド”をお楽しみください!」

※女性セブン2020年4月23日号

パロディーや小ネタも満載

華麗なスタートダッシュの理由は!?

関連記事

トピックス