芸能

プッツン降板の上沼恵美子 CDバカ売れで「紅白出場」も

審査員から歌手に?

 上沼恵美子(65)がMCを務め、25年間続いた人気バラエティ番組『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)が、7月24日に終了した。レギュラー出演者だったお笑い芸人・キングコング梶原雄太への“パワハラ疑惑”が報じられた直後、突然本人が番組降板を言い出し、終了に至ったという。

 関西テレビ界の“女帝”の異変が取り沙汰されているが、そんな彼女が反転攻勢を見せているのが、「音楽」だ。昨年11月に発売したシングル『時のしおり』が、半年を経てオリコン週間演歌・歌謡シングルランキングで1位に輝いた(7月6日付)。

「売り上げは5万枚を超え、まだ伸びている」(レコード会社関係者)といい、有線放送のオンエア実績を集計した「USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」でも2週連続で1位(7月8日、15日付)。

「昭和、平成を回顧しながら『心を繋いで生きていきましょう』と歌い上げる楽曲です。上沼さんはコロナ禍の4月から、“視聴者を元気づけたい”と、自身のレギュラー番組でよくこの曲を流すようになったんです。外出自粛ムードでテレビを見ていた人も多く、一気に火が付きました」(同前)

 芸人としての顔が強い上沼だが、歌の実力も折り紙付き。伸びやかで張りのある歌声は、かつて北島三郎も絶賛したほど。

「海原千里・万里時代に発売した『大阪ラプソディー』(1976年)は40万枚のヒットを記録しています。昨年11月に上沼が参加した『ABCラジオまつり』(吹田市)では、上沼の熱唱を聴こうと会場の万博記念公園には3万5000人が詰めかけた。上沼ファンの間では応援ムードが高まっているので、このままいけば年末の紅白だって夢じゃない」(別のレコード会社関係者)

 昨年の紅白に審査員として出演した上沼は、「来年は歌で」と意欲を見せていた。冗談かと思っていたが、“女帝”は本気だったのだ。

※週刊ポスト2020年8月14・21日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン