• TOP
  • ライフ
  • 山手線ノーマスク集団を断罪できぬ気持ちとTVの“専門家”

ライフ

2020.08.17 16:00  週刊ポスト

山手線ノーマスク集団を断罪できぬ気持ちとTVの“専門家”

ノーマスク集団をなぜ断罪できない?

 東京・渋谷で「クラスターフェス」と名乗るノーマスクの人たちによる集会が行われ、ノーマスクのまま山手線一周を実行しツイッターで報告、ネットで大きく炎上した。この件について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が考察する。

 * * *
「コロナはただの風邪」という信念を持った栃木県の大工の男性が、仲間と一緒にマスクをせず山手線を一周するというトライをした。これをツイッターで報告し、炎上。

 批判を総括すると「お前らバカで非常識で社会性のない連中が感染するのはどうでもいいが、お前らが感染させる可能性があるんだよ! そして、お前らがコロナに感染しても病院行くなボケ」というものだ。

 あとは「地元でやれ。わざわざ東京でやるな」というものもあるが、両方に同感するし、ノーマスクの集団が一斉に山手線に乗った場合、その車両に乗った人が恐怖感を抱き、隣の車両に続々と移ったであろうことは想像できる。ただ、私自身は彼らのことを一方的に非難できない気持ちがある。それはマスク自体が「通行証」になっている現状があるからだ。屋外で混雑していなければマスクは不要説もある中、「マスク警察」の存在もあり、誰かがいたらつけなくてはいたたまれない気持ちになる。

 山手線に乗った彼らの行為には「バカ」と思う。「世間が恐怖に思っているのならば、主張は過激にではなく論理的にやればいいんじゃね?」ということだ。

 私も外出時、猛暑の中、周囲に誰もいないのにマスクをつけている。100メートルほど先まで見通せる道に誰もいなかったらマスクを外すことはある。何しろ汗っかきなんで。しかし、100メートル先にマスクをつけた人が登場したら慌ててマスクをつける。

関連記事

トピックス