芸能

米倉涼子が挑戦するNetflixドラマ、あの『新聞記者』だった

新しいチャレンジをする米倉涼子

新しいチャレンジをする米倉涼子

 米倉涼子(45才)と小泉今日子(54才)の二大女優の初共演ドラマがNetflixで企画されている。来年春ごろの放送を目指しているとされるこのドラマの気になる中身が、昨年に映画化されていた『新聞記者』であることがわかった。

 同作は、東京新聞の望月衣塑子記者の著書が原作。今年3月の日本アカデミー賞では、ダブル主演の松坂桃李(31才)と韓国人女優シム・ウンギョン(26才)が、ともに最優秀主演男優賞と最優秀主演女優賞を獲った“社会派映画”だ。

 望月記者といえば、菅義偉内閣官房長官へ突っ込んだ質問を繰り返す名物記者。彼女自身が主人公のモデルといえる原作は、“反安倍政権”とも取られかねない作品だ。そんな作品に米倉&小泉の強力タッグが出演というのだから、否が応でも注目が集まる。

 4月に大手芸能事務所から独立した米倉が、出演オファーが殺到した中で、テレビ局制作ではなくNetflixのドラマを選んだのには、理由があった。芸能関係者が語る。

「米倉さんは今までとは違う路線にも挑戦したい、という思いで独立されました。ドラマ『ドクターX~外科医・大門美知子~』(テレビ朝日系)でついたイメージからの脱却を念頭に置いて、独立後最初の大きな仕事を検討してきたなかで、この『新聞記者』に決めたそうです。この作品の主人公は、誰もが憧れる正義のヒロインという単純な役柄にはならないでしょうし、ある立ち位置の人からは嫌われてしまうかもしれない。でも、米倉さんは、それでもいいと、判断したようです」

 さらなる驚きは、こちらも2年半前に大手芸能事務所から独立した、米倉が先輩として慕う小泉との共演だ。独立後は、映画プロデュースなどの裏方にまわっていた小泉だが、「ヨネが『新聞記者』に出るなら私もやる」と決意したという。

 意外なことに過去に共演歴はないが、私生活では飲みに行く間柄の仲良し。小泉といえば、近年は公式ツイッターで、政治問題について積極的につぶやき、反安倍政権の姿勢が垣間見えていた。

 2人を知る前述の芸能関係者は「米倉さんが、安倍政権に対して否定的な思想を持っているかは分かりません。ただ、そうした色がついても良いと思えたほど、この初共演に興味を持ったのは事実。2人で話し合ってもいるはずです」と話した。

 米倉は連載しているコラムの中で、4月に「映画『新聞記者を見て』」というタイトルで記事を更新し、〈これからはいろいろな意味でこういうチャレンジングな作品にも取り組んで経験値を上げていかないと、置いていかれてしまう。女優としても刺激を受けた作品です〉と綴っていた。前出の芸能関係者が語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト