芸能

人気ドラマ『わたナギ』登場レシピを再現 栗原心平が監修

 視聴率も右肩上がりで、8月25日放送では第8話が平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したTBS系ドラマ『私の家政夫ナギサさん』。家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)が劇中で作るおいしそうな料理にも注目が集まっている。そこで、同作の料理監修を務める料理家・栗原心平さんのコメントとともに、ドラマに登場した「ナギごはん」のレシピを紹介します。

※レシピはすべて公式インスタグラムより引用。

【料理の監修は…】
料理家 栗原心平さん/料理家・栗原はるみさんの長男で、幼い頃から得意だった料理の腕を生かし、テレビや雑誌で活躍中。公式YouTube「ごちそうさまチャンネル」も人気。

豚の角煮グラタン

わたナギで、料理が苦手な母が生んだ“奇跡”のグラタン

 第5話に登場。メイ(多部未華子)の父(光石研)の還暦祝いに、思い出の料理を再現してほしいとナギサさんに依頼したメイ。実は意地を張り合う母(草刈民代)と妹(趣里)を仲直りさせようという作戦が…。

「角煮の煮汁にマカロニを入れて味をしっかりなじませるのがポイント。しょうゆ味とホワイトソースが相性抜群です」(栗原さん)

■材料(4人分)
豚バラ肉(かたまり)…600g
A[水…400cc、酒…50cc、長ねぎの青い部分…1本分、しょうが…2片]
B[しょうゆ…大さじ3、みりん…大さじ2、砂糖…大さじ1]
マカロニ…90g、ピザ用チーズ…60g、
ホワイトソース缶…1缶(290g)、牛乳…50cc
塩…小さじ1/2、青ねぎ(小口切り)…30g

■作り方
【1】豚の角煮を作る。豚バラ肉は4cm角に切り、厚手の鍋に入れる。[A]を加えて中火にかける。
【2】沸騰したら弱火にし、少しずらしてふたをし、30分ほど煮る。長ねぎ、しょうがを取り除いて[B]を加え、再度沸騰したらふたをして弱火でさらに7分ほど、煮汁がほぼなくなるまで煮る。
【3】マカロニを表示どおりにゆで、【2】に加える。
【4】小鍋にホワイトソース、牛乳を入れ、中弱火にかけて溶く。なめらかになったら塩、青ねぎを加えて火を止める。
【5】耐熱容器に【3】を入れて【4】をかけ、ピザ用チーズをのせる。200℃のオーブンで10分ほど焼く。

まるごとトマトサラダ ねぎしょうがだれ

家政夫を断るつもりが手料理に心奪われて

 第1話に登場。「家におじさんが来るなんて」と契約を打ち切ろうとするメイだが、空腹に勝てずに食べたナギサさんのごはんに、思わず感動。

「トマトは皮をむき、ねぎとしょうがは、細かく刻んで口当たりよく。トマト1つぺろりと食べられるので、仕事に疲れた夜もおすすめ」(栗原さん)

■材料(1人分)
トマト…1個、長ねぎの白い部分…10cm、
しょうが…1片、すし酢…大さじ1.5、ごま油…適量

■作り方
【1】トマトは湯むきし、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておく。
【2】長ねぎ、しょうがは細かいみじん切りにする。ボウルに入れ、すし酢を加えて混ぜる。
【3】 【1】を縦に6等分に切って器に盛る。【2】をこんもりとのせ、ごま油を回しかける。

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン