芸能

大人気韓流ドラマ『サイコだけど大丈夫』にハマる4つの理由

ソ・イェジ演じるムニョンにうっとり(c)Netflix オリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』独占配信中

『愛の不時着』や『梨泰院クラス』にどっぷりハマり、観終わってからロスになった人たちが、次なる“沼”として足を踏み入れているのが、『サイコだけど大丈夫』。6月のNetflix配信直後から連日人気ベスト3にランクインしている。

 グリム童話などをモチーフにした独特の世界観の中で、“生きづらさ”を抱えながら不器用に生きる男女が互いを癒し、慈しむ姿には号泣必至。不時着や梨泰院とはまた違う、新感覚のヒーリング・ラブストーリーの沼も深いのだ!

◆『サイコだけど大丈夫』のあらすじ
 身寄りも財産もなく自閉症の兄・サンテ(オ・ジョンセ)を抱え社会の片隅でひっそりと生きてきたガンテ(キム・スヒョン)と、家族の愛を知らずに育ったベストセラー童話作家のムニョン(ソ・イェジ)。ガンテの勤務先の病院に朗読会の講師としてムニョンがやってきたことで2人は出会う。自身も絵の才能があるサンテはムニョンの大ファンだった。3人の人生が交差し、それぞれの“闇”が明らかになっていく――。

【ハマる理由1】おとぎ話に出てきそうな、美しすぎる男と女

 見ているだけでうっとりするキム・スヒョンのシャープなフェイスラインと立ち姿の華麗さ、韓国エンタメ界が誇る美女ソ・イェジの見事なスタイル。ため息なしでは見られない主演2人の美しさは物語の切なさと悲哀を高める。

【ハマる理由2】人間の“生きにくさ”をリアルに描く切なさに涙……

「きれいだから手に入れたい」とガンテに迫るムニョン(c)Netflix オリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』独占配信中

 それぞれが幼いときから抱えるトラウマは“誰がいちばんかわいそうなのかわからない”ほど。自分では見て見ぬフリをしている心の傷はやがて絆、愛へと変わっていく。

 短気でわがまま、傍若無人なムニョンだが、実は孤独に怯え母親の呪縛にとらわれながら生きていた。そんな“真実の姿”を見たガンテは急速にムニョンに惹かれていく。

【ハマる理由3】暗い影を持つ主演2人と温かく支えるサブキャストの神演技!

自閉症の兄を献身的に面倒見つつも、時には感情的になることも(c)Netflix オリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』独占配信中

 ミステリアスな関係性に緊張感が高まるものの、ガンテとムニョンを見守り、寄り添うサブキャストたちの愛すべき人間性も秀逸。

 ムン・ガンテ(キム・スヒョン)■精神病棟の保護士。幼少時、亡き母に「(自閉症の)兄の面倒を見てもらうために産んだ」と言われ、深く心を傷つけられた。

 コ・ムニョン(ソ・イェジ)■孤独で問題行動の多い人気童話作家。猟奇的な眼光を光らせるときもあれば、少女のようなかわいい笑顔を見せることも。

 ムン・サンテ(オ・ジョンセ)■ガンテの兄で自閉スペクトラム症。ムニョンの大ファンで自身も絵の才能があり、ムニョンにその素質を見出され、進むべき道を見つける。

 ナム・ジュリ(パク・ギュヨン)■ガンテの同僚の看護師で、ガンテに片思い中。ムニョンとは小学校の同級生で悪縁関係。ムン兄弟を自宅に下宿させている。

【ハマる理由4】ムニョンの優美で過激なファッションから目が離せない!

甘めのシャツワンピースに太いベルトで細いウエストをキュッ!(c)Netflix オリジナルシリーズ『サイコだけど大丈夫』独占配信中

 童話界のサイコパスな女王という特異性の象徴がムニョンのファッション。きらびやかで奇抜な衣装を着こなすソ・イェジの魅力にうっとり。アクセサリーやヘアメイクもSNSなどで大きな話題となり、物語のアイコンになっている。

 艶やかな黒髪をクラシックに束ね全身ブラックコーディネートで他人を寄せ付けないオーラを放つ。トレードマークのロングピアスも注目のモードアイテム。

※女性セブン2020年9月17日号

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン